世界一面白い!? アイシールド21の魅力について語る

Uncategorized

皆さんアメフトのルールってご存じですか?大体の方は知らないと思いますし興味もない方多いのではないでしょうか。

しかしこの漫画を知らずにいるのはもったいない。名前は聞いたことあっても読んだことない方はこの記事を読んで興味を持っていただければと。

私が思う世界一面白い漫画であるアイシールド21について紹介します。

スポンサーリンク

アイシールド21とは?

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で全37巻完結済み。作者は稲垣理一郎先生(原作)村田雄一先生(作画)です。

作者の二人は現在それぞれDr.STONE(稲垣先生)ワンパンマン(村田先生)を連載しいており大物2人によるタッグと言えます。

長期にわたるアニメ化やゲーム化など様々なコンテンツに発展しておりジャンプの一時代を築いた作品となります。

日本ではマイナースポーツに分類されるであろう「アメリカンフットボール」をテーマとしていて主人公小早川瀬那が高校にてアメフトと出会い仲間たちとクリスマスボウルを目指すスポ根ものとなります。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

あらすじ

泥門高校への入学が決まった少年、小早川瀬那は高校ではこれまでのパシリ生活からの解放を夢見ていた。

しかし現実はそううまくいかず、不良に目をつけられた瀬那はパシリにされるがすれ違いから反抗していると思われ、学校の片隅にあったアメフト部の部室に連れ込まれることに。

瀬那はそこで出会った巨漢の男栗田良寛に助けられ事なきを得た。

栗田はアメフト部の部員であり、東と西で最強を決める全国大会決勝「クリスマスボウル」への夢を語る。栗田の夢に心を打たれた瀬名は選手としては無理だがチームの参謀である主務として入部を決意することとなった。

帰り道、先程の不良待ち構えられた瀬那は栗田を売るように提案されるが勇気を振り絞り断る。

そのまま瀬那は不良たちから中学時代毎日パシリをやっていたことにより鍛えられた爆発的な足で逃げ切ることに成功する。

しかし、偶然瀬名の走りを見ていたアメフト部主将ヒル魔妖一の最早拉致とも言える強引な勧誘により高速のランニングバック「アイシールド21 」として活躍することとなった。

スポンサーリンク

ここが面白い

友情努力勝利

最初は3人しかいなかったアメフト部が試合を重ねるごとに仲間を増やしていき、共にクリスマスボウルの夢を追いかけていきます。その様子はまさにジャンプらしい友情、努力、勝利です。

中学まではまともな友達もいなかった瀬那にアメフトを通して親友やライバル、仲間ができていく様子はまさに少年漫画。

選手として成長する瀬那も熱く、新しい必殺技やアメフトに対する心構え、闘争心など一流の選手へと成長していきます。

中でも進清十郎の存在がデカくラインバッカーという守りのポジションを務める努力する天才です。

時には瀬那を導き、時には前に立ちはだかる強大な壁として現れるその様はまさに宿命のライバルといえます。

1対1の構図

本作1番の盛り上がりはライバル同士の1対1のマッチアップが挙げられます。

もちろんチームスポーツですので、仲間たちとのコンビネーションにより試合が進むのは当たり前なのですが、メインキャラの瀬那を中心とした何人かは毎試合相手の主力選手と激突することとなります。

マッチアップは大体ポジションが同じだったり、因縁があったりと盛り上がる展開となっていて、基本的にここで勝つことが勝利の鍵に繋がってきます。

ライバルとの一騎打ちや技と技のぶつかり合いなどこういうわかりやすい展開は読んでいる側に伝わってきやすく、盛り上がること間違いなしです。

全員が主人公

本作では主役の泥門に限らず、敵チームにもスポットライトが当たりまくり全員が主人公と言わんばかりの活躍を見せてくれます。

ライバルたちの成長イベントがとにかく丁寧であり、回想や挫折、友情などもしっかりと描かれ、どっちも応援したくなってしまいます。

アメフトに青春を捧げ、クリスマスボウルを夢見る彼らの試合はとにかく熱く盛り上がります。

個人的にライバルチーム王城ホワイトナイツのレシーバー桜庭春人が大好きで身近にいる天才進との才能の差を感じながらも足掻き、追いつこうとする姿に心打たれました。

司令塔のヒル魔

泥門のキャプテンであるヒル魔がとにかく無茶苦茶でキャラが強いです。

・本物の銃を常備、事あるごとに撃ちまくる・脅迫手帳という町中の人間の秘密が書かれている手帳を持っていて校長を脅して設備を揃える・今まで買った1番高いものが島だったりととにかく規格外でまさに悪魔。

試合中もヒル魔の奇策が輝き、相手の思いもしない作戦の数々でピンチを切り抜けていきます。

「アメフトはビビらせたら勝ち」「99点取られても100点取れば勝つ」「だからこそ行く」など痺れる台詞を放ちまくるのも人気の秘訣でしょう。

ちなみにアニメ版のCVはロンドンブーツの田村淳が勤めていることでも話題になりました。

スポンサーリンク

向かない人

瀬那たち泥門高校の「泥門デビルバッツ」は攻撃のチームであり試合終盤の展開が逆転勝利の展開が多いです。そのためワンパターンと感じるもかもしれません。そのためリアリティを求める方には向かないかもしれません。

逆に言えば、ある程度のご都合主義を「漫画だから」と割り切れる方なら絶対に楽しめると思います。

スポンサーリンク

まとめ

本作ではアメフトとしての魅力はもちろんのことスポ根漫画に必要な要素も全て詰まっているため、とにかく熱い漫画が読みたいと言う方におすすめです。

私の周りでは読んだ人全員が「面白すぎる」と評価した作品なのでハマること間違いなし。

アメフトがテーマの漫画というだけで毛嫌いしてきた方もいるかと思われますがぜひ一度手に取ってみてください。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました