サッカー×デスゲーム ブルーロックが面白い 

Uncategorized

今回はサッカーにデスゲームの要素を加えた異色の漫画、ブルーロックについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブルーロックとは?

ブルーロックは週刊少年マガジン連載中の漫画で原作 金城宗幸先生、作画 ノ村優介先生です。

高校生FW300人が集められ、他の299人を蹴落とし、日本のエースストライカーを目指します。

普通のサッカー漫画とは違い、どんどん脱落していくデスゲームの様な要素が特徴的です。

スポンサーリンク

あらすじ

埼玉県高校サッカー選手権大会決勝戦、潔世一は大事な局面で味方へのパスを選択したがゴールを逃し敗退してしまった。

全国行きを逃し涙する世一の元に日本フットボール連合から1通の手紙が届く。その内容は高校生強化指定選手に選ばれたというもの。

指定された場所に着くとそこには全国から集められた300人のFWの選手たちがいた。

壇上の上に現れたのは日本をワールドカップに優勝させるために雇われたコーチ絵心甚八(えごじんぱち)であった。

絵心はワールドカップ優勝のためには、絶対的なストライカーの誕生が必要と考えていて、FW300人を対象としたプログラム「青い監獄プロジェクト」を開催することを宣言する。

青い監獄プロジェクトはブルーロックと呼ばれる施設にて様々な選考を行いたった1人のストライカーを誕生させるというもの。

失格者は日本代表の資格を永久に失うという重い条件の中、絵心の演説に心打たれた300人のストライカー達はブルーロックに足を踏み入れる。

スポンサーリンク

ここが面白い

デスゲームとの融合

ブルーロックで敗退すると少年達はワールドカップに永遠に出られない、つまり夢を追うことができなくなります。

サッカープレイヤーとして死んでしまうということですね。

他のサッカー漫画では見られない展開が多いため唯一無二のサッカー漫画といえるでしょう。

ブルーロックでの試練は普通の試合に限らずボール当ての鬼ごっこやチームメイトの取り合いなども行なわれます。

一見意味のなさそうに見えるルールも実はサッカーの試合の中で必ず必要な能力を要求されているため奥が深いです。

また自分の順位がランク付けされる設定もこの漫画ならではでしょう。

FWとしてのエゴ

FWとして1番大事とされている能力は誰よりもエゴイストであるという点です。

「絶対自分がゴールを決める」

「1-0で勝つより3-4で負けてハットトリック決めた方が気持ちいい点をいい」

こういった自己中に思えるイカれた考え方が世界一のストライカーになるためには必要だと絵心は言います。

ただし、ブルーロックに集まったメンバーは全員FWのため、「あいつにパスを出せば決めれる」と思わせる必要があります。

周りを喰わなければパスを出してもらうことはできないというわけですね。

それぞれの武器

登場するストライカー達は必ず他のプレイヤーよりも優れた武器を持ちます。

ドリブル、スピード、パワー、正確さ、高さなど様々な武器を用いて頂点を目指します。

自分の武器を磨き応用を効かせていくため各プレイヤー様々なバリエーションを見せていきます。

また、他のプレイヤーの武器と化学反応を起こし更なる武器へと成長することもあります。

オンリーワンの武器ってかっこいいですよね。

スポンサーリンク

特徴

全員がFWという設定の関係上DF.MF.GKがおらず、FWの選手たちがその役割を担うこともあります。

どうしても「点を取る」ことに特化している漫画であるため、守備的な要素は他のサッカー漫画に比べると少なく感じるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は異色のサッカー漫画ブルーロック について紹介させていただきました。サッカー漫画を多く読んできた方ほどその違いに引き込まれること間違いなしでしょう。

ブルーロックはまだまだ中盤といったところでこれからも盛り上がりを見せてくれるので是非読んでみてください。

大人買い

全巻買うなら漫画全巻ドットコムがおすすめ。古本から電子まで大人買いできます

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました