普通の都立高校に天才たちが集結 忘却バッテリーが面白い

Uncategorized

今回は一度は夢を諦め者たちが思わぬ出会いをきっかけにもう一度野球と向き合うことになる物語。

バカやりながらも熱い野球漫画「忘却バッテリー」について紹介します。

スポンサーリンク

忘却バッテリーとは?

webサイトであるジャンプ+にて連載中の作品で作者はみかわ絵子先生です。

ジャンプフェスタ2020にてオリジナルアニメが公開されるなどこれからに要注目の作品と言えます。

野球部がない私立高校に来た天才バッテリーとその2人によって野球を諦めた球児たちが共に野球を始めるスポ根漫画となります。

スポンサーリンク

あらすじ

中学野球界で天才バッテリーとして名を馳せた清峰葉流火と要圭はその圧倒的な力で数々の選手に挫折を与えるほどの選手であった。

そしてそんな2人と対峙し野球を辞めた少年山田太郎は野球部もない普通の私立高校小手指高校へと入学していた。

そんな山田の前に何故か天才バッテリーの姿が。話を聞くとどうやら捕手である圭は記憶喪失になってしまい野球に対する情熱を失ってしまったようだ。

智将とまで呼ばれた圭の変わりっぷりに戸惑う山田は部活勧誘にて野球同好会の存在を知る。

「圭ともう一度野球がしたい」その想いだけで野球部のない小手指高校について来た葉流火は野球同好会への入部を決め、何故か山田も付き合う形に。

更にはかつて天才バッテリーに心を折られ野球を諦めた藤堂葵、千早瞬平の2人の天才プレイヤーまで小手指高校に入学しており、山田はこのメンバーなら甲子園が目指せるのでは?と夢を抱いてしまう。

スポンサーリンク

ここが面白い

天才バッテリー

天才バッテリーとして知られた2人が主人公のため無双するように見えますが、捕手の圭の記憶がなく野球への情熱もなくしてしまったため実質初心者のような者。それでも少しずつ上達していき野球の楽しさに惹かれる圭にグッときます。

たまに体が覚えていると言わんばかりのプレーも見せるのがいいです。また、記憶が戻り智将状態のクールな圭を見ることもできます。

野球を始めた瞬間から圧倒的な才能を見せていた清峰に対し、血が滲むほどの努力を重ね清峰に追いついた努力の天才である圭の2人のバッテリーが熱いです。

清峰が圭にこだわり続け、甲子園を目指すことよりも圭と共に野球がするのを優先しているのがエモエモのエモでコミュニケーション能力が低い清峰を引っ張る圭の関係もよく、足りない部分を補いあっている感じが良いです。

もう一度野球と向き合う物語

葵と千早はもう野球と関わらないように野球部のない高校を選び未練まで断ち切ったはずなのになんの因果関係か再び野球と関わることになります。

野球を辞めることとなった元凶である2人とチームを組むこととなるのですが、記憶喪失となった圭がきっかけになっているのがポイントです。

体の一部となってしまった野球はそう簡単に切り離せるものでは無かったようで過去のトラウマを乗り越えて、再び野球と向き合うのが感動的でした。

ここら辺の心理的な要素は作品を通し深く描かれていて重要な要素の一つとなります。

凡人の立ち位置である山田の存在も大きく、彼の視点から描かれるチームメイトの姿が印象的です。

ギャグの面も

始まりが同好会ということもあり序盤の方はコメディ要素も強かったです。高校生らしい日常の風景が度々描かれるためキャラに愛着が持ちやすくなるのもここら辺のお陰もありそうです。

記憶喪失になった圭がお調子者な性格で始めは嫌々野球をやることになるのですがここら辺のくだりは面白かったです。

正直寒いギャグもあったりするのですが、試合中の真剣さとのギャップがありよりカッコ良さを引き立てていると思います。

清峰のお兄さんがAVマニアで人の趣味に合わせてチョイスソムリエのような特技に笑いました。

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した忘却バッテリーは消えた天才バッテリーと1度は辞めるつもりであった天才たちが集結し、もう一度野球を始める物語となります。

挫折や友情、青春など非常にジャンプらしい一面もあるスポ根漫画となっていてどんどんチームらしくなっていく彼らは応援したくなってしまいます。

忘却バッテリーはジャンプ+で無料サイトですので気軽に読むことができるのでぜひ読んでみてください。

 

人気コミックを全巻セット

全巻買うなら漫画全巻ドットコムがおすすめ。古本から電子まで大人買いできます

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました