変則麻雀17歩 賭博堕天録カイジの面白さ

Uncategorized

カイジシリーズ第3弾です。

アニメ化、実写化など一般の目にも触れやすかった前シリーズまでと違いここから読むのをやめてしまった方も多い賛否が分かれるシリーズ「賭博堕天録カイジ」について紹介します。

何故ここからついていけなくなってしまったのでしょう。そこら辺も含めて解説していきたいと思います。

※前シリーズの賭博破壊録のネタバレ要素を含みますのでご注意ください

 

スポンサーリンク

カイジシリーズについて

ヤングマガジンにて1996年にて連載がスタート。タイトルを変えシリーズは今も連載中の作品です。

作者はギャンブル漫画で有名な福本伸行先生でカイジシリーズはそんな福本作品の中でも最も知名度のある作品であり、アニメ化、ドラマ化を中心にさまざまなコンテンツへ発展しており、誰しもが名前くらいは聞いたことのあるでしょう。

働きもしない典型的なダメ人間、伊藤カイジが極限の状況に立たされ己に秘められた博才を駆使して戦うギャンブル漫画の代表作です。

スポンサーリンク

賭博堕天録のあらすじ

地下からの開放から半年ほど経った頃カイジは働きもせずに坂崎の家に居候していた。

最初の何日かは歓迎していた坂崎であったがいつまで経っても出ていかないカイジに対して嫌気がさしていた。さらには娘の美心がカイジのことを気に入ってしまいこのままでは永住されてしまうこと恐れた坂崎は手切金として300万円を用意し家から出ていくように頼む。

最初は拒否していたカイジであったがかつての仲間であった45組の三好、前田と再会し、新たなギャンブルの誘いを受ける。

手持ちが全くないカイジは軍資金として坂崎からの300万を借り受け、2人が働いている裏カジノの社長村岡と17歩と呼ばれるギャンブルを開始する。

二人が村岡に巻き上げられた金を取り返すとの目的であり、イカサマを仕掛け必勝のはずであったが何故か上手くいかない。カイジは村岡に勝利することができるのか?

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

麻雀を使ったギャンブル17歩

賛否が分かれる一番の理由。それは13巻にも及ぶ長い戦いである「17歩」は変則ルールの麻雀であるということです。

麻雀のルールをある程度理解出来ていないと何をやっているのか分かりにくいため、ここで止まっている方が多い印象。

そんな17歩のルールは1対1で行われる麻雀で勝負には全自動麻雀卓が使用されます。

・お互いに自分の前の山にある34枚を全て開け満貫以上の手役を聴牌します。

・余った21牌を順番に切っていき先にロンされた方の負けとなります。

ざっくりとした説明ですがこんな感じであり、ある程度ルールを知っている方なら理解することができるはずです。

スポンサーリンク

ここが面白い

17歩のルールがシンプルに面白い

麻雀を応用しているギャンブルなので麻雀が好きな方なら楽しめると思います。

これまでのカイジシリーズと違い賭博堕天録で行われるギャンブルは17歩のみとなっていて話が進むにつれて徐々に攻略法が明かされていくので読めば読むほど17歩の魅力がわかっていきます。

通常の麻雀では存在しないセオリーなんかも出てくるため普通の麻雀漫画では味わうことのできない面白さを体験することができます。

通常の麻雀と違い一局ごとに勝敗が決定するのでわかりやすい。しかし後半に進むにつれてレートは跳ね上がり引き分けの場合、次局はレート倍で行われるため勝負はエスカレートしていきます。

現実でも再現しやすいルールであり二人いれば遊べるので是非やって見てください。

細かい心理描写

くどいほど心理描写が描かれます。下手したら一話たっても牌一つ切らずに終わることもあるほどです。

何を考えながら牌を切るのかすべて説明してから切ってくれるため見ている側からすると17歩のことがよりよく知ることができるようになっています。

カイジだけでなく村岡側の視点で描かれることもあるため、どちらが切羽詰まっているのか分かりやすいです。

カイジも村岡もポーカーフェイスって柄でもなく小物感が出てるので相手の切った牌に一喜一憂する様子はシリアスな場面なのにギャグっぽく見えます。

長い夜の始まり

実はこの賭博堕天録はこの後のシリーズの序章と言える立ち位置で「和也編」「ワンポーカー編」はこの日の夜に起こった出来事として描かれます。

村岡との勝負の最中に現れた謎の金持ち和也はまさかの帝愛グループ会長兵藤の息子であり前々からカイジに興味があった様子。

村岡との勝負をずっと傍観している和也がとにかく不気味でちょくちょくする発言がヤバげな雰囲気出しまくりでまさに兵藤の息子といえる不気味さです。

賭博堕天録を読んでいないと今後の話にについていけなくなるため必読な作品となっています。

スポンサーリンク

まとめ

正直長すぎるだろと思うところもありますがハマる方はとことんハマるシリーズとなっています。私自身も衝撃のラストを含めてかなり好きなシリーズです。

専門的な知識が必要なのはこのシリーズだけで次の和也編からは誰でも楽しめる内容となっています。

賛否が分かれる賭博堕天録は読まないと話についていけなくなるのが大変で自分の周りには17歩を理解するために麻雀を始めた人もいるくらいです。

軽く覚えるくらいならそこまで時間もかからないのでこれをきっかけに覚えてみるのも良いのではないでしょうか。

次のシリーズである和也編はこちら

人間の本性を暴く!? 賭博堕天録カイジ 和也編の面白さ
ぶっちゃけあまり人気がないシリーズですが読まないとここからの話についていけなくなるため必読です。賭博堕天録と同じ夜の話であり、カイジが全く勝負しない斬新なシリーズ「賭博堕天録カイジ 和也編」について紹介します。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました