囲碁漫画のレジェンド ヒカルの碁の面白さ

Uncategorized

囲碁のルールがわかる方ってどのくらいいるでしょうか?心配ありません。今回紹介する漫画「ヒカルの碁」は一躍囲碁ブームを起こしながらもルールがわからなくとも楽しめる神のような漫画です。

スポンサーリンク

ヒカルの碁とは?

週刊少年ジャンプで連載していた作品で全23巻完結。作者はほったゆみ先生(原作)と小畑健先生(作画)で女流棋士である梅沢由香里さんが監修を務めました。

囲碁を題材とした漫画でアニメ化ゲーム化なども行い大ブームを起こした囲碁漫画界のレジェンドです。

本作で描かれる対局は全て実際に存在する棋戦の棋譜を利用しているのもポイントです。

スポンサーリンク

あらすじ

小学6年生の進藤ヒカルは祖父の家にある倉の中を漁っていると古い碁盤を見つけた。碁盤に血がついていることに気がついたヒカルの前に碁盤に取り憑いていた幽霊「藤原佐為」が現れる。

佐為は平安時代に死んでしまったが神の1手を極めるために現世にとどまり続けていたと言う。過去には虎次郎という少年にも取り憑き、囲碁界で歴史上最強と言われた「本因坊秀作」としてその名を知らしめた。

囲碁のルールなんて全く分からないヒカルには邪魔でしかなく、出て行けというがそれは無理な様子。

碁が打ちたいという佐為の希望を仕方なく聞き入れたヒカルは近くにあった碁会場と呼ばれる囲碁が打てる場所に行くこととなった。

そこで出会った同い年の少年塔矢アキラと対局することとなり、慣れない佐為の指示に戸惑いながらも一局を終える。結果は佐為の勝利。

たかが小学生と思っていたヒカルだったが実は塔矢は名人の息子でありプロに近い実力を持つ少年だったのだ。

塔矢はヒカルが対人経験0であるという衝撃の事実を知りショックを受ける。

こうしてヒカルは図らずとも囲碁の世界に触れていくこととなった。

スポンサーリンク

ヒカルと佐為

あらすじだけ聞くと佐為の力で無双するだけかのように見えるこの作品ですが、実際は佐為をきっかけにヒカルが囲碁に興味を持ち、類稀なスピードで成長していくサクセスストーリーです。

ちなみに佐為の姿はヒカル以外には見ることが出来ず、声も聞こえません。

佐為はどちらかと言えば師匠のような立ち位置であり、ヒカルを導く役割を担います。

しかし、佐為は佐為で現代の囲碁を学びながら成長を重ねて神の1手を目指していきます。

スポンサーリンク

ここが面白い

碁が分からなくても楽しめる

碁の漫画と聞くとどうしても敷居が高く、内容も難しそうと考える方が多いと思います。

実際に専門用語も出てきますし、対局内容も描かれていますが心配いりません。読んだ人の大半は囲碁のルールを理解していないでしょうし、私もこのヒカルの碁を30回以上は読み返していますが未だに石の置き方と勝利条件くらいしか分かっていません。

それでも面白いがこの漫画の凄いところであり魅力と言えるでしょう。

というのもこの作品囲碁の対局内容はライブ感だけで楽しむことが出来て、どちらかと言えばキャラクターの心理描写などに重点を置いているため、話の展開について行くことができます。

また、主人公ヒカルが碁を初めて部活、院生、プロと道を歩み成長していくサクセスストーリーとしても完成度が高いです。

ですので囲碁というだけで苦手意識を持たずに手に取ってみることをお勧めします。

追いかけ合うヒカルと塔矢

この2人のライバル関係が今作最大の魅力と言えるでしょう。

ヒカル(佐為)に負けヒカルを追いかける塔矢ですが、次に塔矢と打ったのは佐為ではなく初心者のヒカルでした。塔矢にはそんな事は分かるわけもなく失望してしまいます。

そして、塔矢は心残りなくプロの世界に足を踏み入れました。

そうすると今度は塔矢を自分の中にいる佐為では無く自分自身に振り向かせるためにプロを目指すことにするヒカル。

こうやって2人が互いに追いかけ合いライバルになっていきます。

徐々に自分に迫ってくるヒカルを意識しながらも興味ないフリをする塔矢が面白いです。

テンポの良さ

上でも話した通り本作はヒカルが囲碁と出会い部活、院生、プロと進んでいくサクセスストーリーとなっています。

この部分だけ聞くとめちゃくちゃ長いストーリーのように思えますが、実際は全23巻ということからも分かるように物語がスピーディに進行し、圧倒的なテンポの良さで進んでいきます。

じゃあ過程が雑なの?と言われると全くそんなことはなく、登場人物の心情や、キャラクターの多さ、世界観の広がりなど全てにおいて丁寧に描かれます。ようは無駄が一切ないんです。

読み終わった時には30巻くらい続いていたかのような錯覚に陥るほど濃密な内容にビックリしました。

本当に買って損がない作品だと言えます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は囲碁漫画界のレジェンドヒカルの碁について紹介しました。

囲碁漫画はジャンルとしては非常にニッチであり、それほど数が存在しません。そんな中でもこの漫画の知名度は凄まじく、日本棋院により全面バックアップもされていました。

この漫画を読んだことがないという人がいるのがあまりにも勿体無く感じます。

アニメ版の出来もいいのでそちらで見てみるのもいいかもしれません。

 

興味のある方はこちらから↓

電子書籍最大規模、まんが王国はこちら

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

漫画全巻ドットコムで大人買い

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました