マジで面白い!隠れた名作まで紹介 完結済みおすすめ漫画60選

Uncategorized

皆さん一番好きな漫画って言われると何が思い浮かびますか?私の持論なんですが現在も連載している作品は好きな漫画に挙げずらいと考えています。連載中ということはこれから先の展開次第で評価が180度変わってしまうことも多く、「あんなに面白かったのに・・・」ということも少なくないはずです。

それに対して完結済みの作品は今から評価がブレることはなく、面白さに変化がありません。今回はそんな完結済みに特化しておすすめの作品をジャンル別に分けて紹介していこうと思います。

誰でも知っているような作品はある程度外してありますが、古い作品であったり個人的に押したい作品は有名どころでも紹介していますのでご了承ください。

スポンサーリンク
  1. バトル
    1. うえきの法則(全16巻)
    2. 恨み来い、恋、恨み恋(全12巻)
    3. コードブレイカー(全24巻)
    4. 金色のガッシュ(全33巻)
    5. サイケまたしても(全15巻)
    6. SOUL EATER(全25巻)
    7. トライピース(全11巻)
    8. FAIRY TAIL(全63巻)
    9. 武装錬金(全10巻)
    10. BLACK CAT(全20巻)
    11. ボボボーボ・ボーボボ(全30巻)
    12. MIXIM 11(全12巻)
    13. 勇者が死んだ(全20巻)
    14. 烈火の炎(全33巻)
  2. コメディ
    1. アホガール(全12巻)
    2. 月曜日は2限から(全7巻)
    3. 斉木楠男の災難(全26巻)
    4. 最強伝説黒沢(全11巻+21巻)
    5. さよなら絶望先生(全32巻)
    6. 太臓もて王サーガ(全8巻)
    7. 群れなせシートン学園(全9巻)
    8. 湯神君には友達がいない(全16巻)
  3. ラブコメ
    1. 川柳少女(全12巻)
    2. 隣の柏木さん(全12巻+2巻)
    3. はじめてのあく(全16巻)
    4. ハレルヤオーバードライブ(全15巻)
    5. りぶねす(全12巻)
  4. スポーツ
    1. アイシールド21(全37巻)
    2. エリアの騎士(全57巻)
    3. 最後は?ストレート(全20巻)
    4. テニスの王子様(全42巻)
    5. バチバチ(全48巻)
    6. ナナマルサンバツ(全20巻)
    7. 火の丸相撲(全28巻)
    8. ミスターフルスイング(全23巻)
  5. ミステリー・ホラー・サスペンス
    1. アポカリプスの砦(全10巻)
    2. 今際の国のアリス(全18巻)
    3. エデンの檻(全23巻)
    4. 屍鬼(全11巻)
    5. 自殺島(全17巻)
    6. 親愛なる僕に殺意をこめて(全11巻)
    7. 絶望の楽園(全6巻)
    8. ハッピーシュガーライフ(全10巻)
    9. 僕だけがいない町(全9巻)
    10. 僕の名前は少年A(全4巻)
    11. 魔人探偵脳噛ネウロ(全23巻)
    12. ROUTE END(全8巻)
  6. 少女漫画
    1. 俺様ティーチャー(全29巻)
    2. ひよ恋(全16巻)
    3. 僕の家においで(全10巻)
    4. ラストゲーム(全11巻)
  7. その他
    1. 市場クロガネは稼ぎたい(全13巻)
    2. おやすみプンプン(全13巻)
    3. キャッチャー・イン・ザ・トイレット! (全4巻)
    4. ギャンブルッ!(全11巻)
    5. ケンガンアシュラ(全27巻)
    6. しおんの王(全8巻)
    7. 社畜と少女の1800日(全13巻)
    8. ヒカルの碁(全23巻)
    9. リボーンの棋士(全7巻)
  8. まとめ

バトル

うえきの法則(全16巻)

森あいは、同じクラスの植木耕介に疑問を抱いていた。テストの時、彼が消しゴムカスを集めて握ると、手から小さな木が生えてきたのだ。あいは植木の後を付け、彼の行動を見続ける。そしてわかったのは、植木が“掌で覆える物を木に変える”という能力を持っているという事だった。そしてその能力を与えたのは、なんと担任の小林先生らしい。その理由は…!
週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は福地翼先生です。

100人の中学生が神候補達から能力を与えられ代理戦争を行う能力バトル漫画です。

福地先生独特の能力をフルに生かした戦いは他の漫画では見る事ができないほどで、一貫して「AをBに変える能力」が使用されます。

主人公の植木が使うゴミを木に変える能力は一見戦いに不向きなように見えますが、木の形状は自由自在であり、攻撃を受け流したりリーチの長さを生かすなど応用の効いた戦いを見る事ができます。

能力の強さに応じて強い縛りが課せられる限定条件や個人に秘められた才の設定などユニークな要素が多く、常に飽きさせない展開が続きます。

植木のまっすぐな正義に回りが突き動かされ仲間が増えていくのが面白く、敵味方問わずユニークなキャラクターが多数登場します。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

恨み来い、恋、恨み恋(全12巻)

十二支の名を冠する長たちが治める土地、十二町。人間と妖怪が共存するその町で、子家頭首・子国恭一の元に、子の家を恨む猫の妖怪が現れる。恭一の命を狙う、恨みにまみれた恨み猫。だがその妖怪は、極度に人見知りな女の子・猫ヶ崎夏歩でもあって…。「好奇心、猫をも殺す。」のことわざとおり、その気持ちは猫を殺すのか――。ポップで怪異な青春ストーリー

月刊ガンガンJOKERにて連載していた作品で作者は秋タカ先生です。

恨み猫である夏歩との出会いをきっかけに主人公の子国恭一が十二支達の党首として成長していくバトル漫画です。

干支がテーマの作品でそれぞれ頭家ごとに能力があり子国家なら強制的に従わせることのできる「絶対支配」や丑蔵家なら「怪力」のような特徴的な力を所持しています。

秋タカ先生の絵が上手く可愛い女の子がたくさん出てくる作品で恋愛要素も強めとなっており恨み猫の夏歩と幼馴染の朱華との三角関係が繰り広げられます。

しかし、内容は結構シリアスであり普通のバトル漫画に負けず劣らずのバトル描写や人の死、鬱展開の数々などもありキャラクターの可愛さとのギャップが目立つ作品となっています。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

コードブレイカー(全24巻)

普通(?)の女子高生・桜小路桜(さくらこうじ・さくら)はある夜、青い炎で悪人を燃やす謎の少年を目撃する! しかし翌朝、現場となった公園には何の痕跡も残っていなかった。自分の見たものが現実だったのか思い悩む桜、その前に昨夜の少年が転校生として現れた! 彼は何者なのか? そして青い炎は何だったのか? 謎を解くため桜は少年に近づいていく。
週刊少年マガジンで連載していた作品で作者は上条明峰先生です。

青い炎の異能を持つ少年大神零を中心に様々な異能者“コードブレイカー”達の戦いを描いたバトル漫画です。

王道の異能力である炎を中心に磁力や音、影といった厨二心をくすぐる能力が多数登場し、それぞれの能力が進化していき新たな力を手にするのが熱い。大神が持つ炎は青の他にも様々な特性を持つ七色の炎がかっこいいです。

コードブレイカーという組織は闇の集団であり、主人公の大神は人を殺すことにためらいがないダークヒーローとなっています。それに対し、ヒロインの桜は正義にまっすぐな性格をしているため大神と対比になっているのが特徴です。

バトルシーンに迫力があり、それぞれの異能がフルに生かされた戦いが繰り広げられます。コードブレイカーの面々に協調性があまりないので1対1の構図になることが多く、タイマンの戦いが熱かったです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

金色のガッシュ(全33巻)

高嶺清麿は今日も学校に行かず、部屋でゴロゴロしていた。マサチューセッツ工科大首席卒業生の論文さえも簡単に理解してしまう彼は、あまりにも頭が良すぎて周りとうまくいかず、友達もできなくて、学校に行く気がしないのだ。そんな清麿のところへ、突然オオワシに連れられた子供がやってきた。その子の名はガッシュ・ベル。イギリスにいる清麿の父・清太郎に、森の中で死にかかっているところを助けられ、その恩返しとして清麿を鍛えにやってきたという。ガッシュは一冊の赤い本を持っていた。見たことのない象形文字が並ぶその本は、天才の清麿にも、考古学教授の清太郎にも読めない。だがどうやらこの本が、ガッシュの秘めた力を引き出すきっかけになるらしいのだ。一体この少年は何者なのだろうか!?

週刊少年サンデーで連載していた作品で作者は雷句誠先生です。

魔界から来た子供ガッシュと天才少年高嶺清麿の2人が魔界の王を決める戦いに参加し優しい王様を目指すバトル漫画です。

魔本と呼ばれる本が燃えたら脱落となり魔界へ強制送還される設定が面白くて、バトルが不利でも本さえ燃やすことができれば勝利できるため一見弱そうなやつでも戦い方次第で生き残ることができます。

魔物の成長をきっかけに新しい呪文を手にすることができます。魔物が使える呪文はそれほど多くないので、新しい呪文を手に入れるシーンはめちゃくちゃ燃え、最大呪文と呼ばれる大技同士がぶつかり合うのが一番の見どころとなっています。

清麿の戦略が天才的で本来落ちこぼれであったガッシュを最大限生かして戦います。話が進むにつれて仲間が増えていくのですが、チーム戦においても清麿の作戦が光ることとなります。

パートナーとの別れが感動的でそれぞれのコンビにドラマがあり、戦いの中で徐々に描かれていくため普通に泣いてしまいます。消えていく仲間の想いを背負いガッシュたちが強くなっていくのが切なくも熱くもあります。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

サイケまたしても(全15巻)

葛代斎下は、将来の夢も特別な能力もない、どこにでもいる、ごく普通の中学三年生。平凡で退屈な毎日を過ごすサイケだったが、ある日、幼なじみの蜜柑が事故で死んでしまう。絶望したサイケが池に飛び込むと、蜜柑が事故で死んだ“今日”が再び始まった。蜜柑を救うべく、問題の“今日”を繰り返すサイケだが…?
週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は福地翼先生です。

主人公のサイケが時間ループの能力を用いて憧れのヒーローを目指す物語です。

序盤はバトルではなくループを用いて人助けをしていく話ですが、次第にサイケ以外にも存在していた能力者達と戦い組織同士のバトルが繰り広げられます。

サイケが持つ能力がループの力であり戦いには向きませんが基本的にはチームを組んでいるためサイケが仲間達に情報を伝え、それをアドバンテージにして戦いを優位に進めることができます。

サイケの精神力がイカれていて能力の発動条件である”池に溺れること”は実質死と変わらないのですが何度でもループを繰り返す覚悟を持っており、ただならぬヒーローへのこだわりにはこちらも引いてしまうほどでした。

上記している”うえきの法則”と同様に能力がとにかくユニークで1つのことしかできない能力を応用を利かせて戦うのが面白いです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

SOUL EATER(全25巻)

死神武器職人専門学校。その生徒である「職人」と「武器」。その義務とはただ1つ!!「99個の人間の魂」と「1個の魔女の魂」を武器に食べさせ、死神様の武器である“デスサイズ”を作ること――!!

月刊少年ガンガンにて連載されていた作品で作者は大久保篤先生です。

トリプル主人公とも言える構成でマカ、ブラック★スター、キッドを中心としたダークファンタジーとなっています。

人が武器となりパートナーと共に戦うのが特徴的で、魂の波長を合わせることにより強大な力を身に着けていきます。武器の形態も多彩であり、鎌や忍具、二丁拳銃などそれぞれのスタイルに合った戦いを見れるのが面白い。

主人公達の志が高く、神を超えようとしているブラック★スターや、父のような偉大な死神を目指すキッドなど高い目標に向けて努力を欠かさないため好感が持てます。

世界観が独特でダークな雰囲気にも関わらず、コミカルな面も強くキャラクター同士の掛け合いも見もので、真剣なバトルパートとのギャップが凄く普段バカやっているだけに戦闘になった時のかっこよさが際立ちます。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

トライピース(全11巻)

力もない、記憶もない、唯一の特技は女装だけ!? 謎の少年ナナは世界から戦争をなくすため、機械帝国ザイエスへ立ち向かう。

月刊少年ガンガンにて連載していた作品で作者は丸智之先生です。

記憶喪失の少年ナナ(自分でつけた)が愛と平和と女装の名のもとに戦争を無くすために戦争仲裁機関「トライピース」とへと入団する。

とにかく主人公のナナが謎多き人物でたまに見え隠れする過去の自分との温度差がヤバく、普段のナナからは想像できない過去を秘めています。特技が女装で物語内でも度々登場し女子顔負けの可愛さを持っており、戦争仲裁においてもなぜか活躍するなど結構重要な役割を持っています。

戦争を止めるというスケールの大きなテーマの作品であり、人の死や戦争の怖さなど訴えかけてくるものも多いです。

衝撃の展開が多く、全11巻でありながら展開の移り変わりが激しいのが特徴的で実はナナは〇〇〇〇というまさかの事態が発覚するなど普通の漫画とは一線を介した部分もありました。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

FAIRY TAIL(全63巻)

“魔導士(まどうし)ギルド”……それは魔導士たちに、探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ“妖精の尻尾(フェアリーテイル)”だった!! なんでもヤリすぎ! 魔法界一のお騒がせ集団が巻き起こすめちゃおもしろ冒険ファンタジー!

週刊少年マガジンにて連載していた作品で作者は真島ヒロ先生です。

魔導士ギルドフェアリーテイルを舞台に主人公である火の滅竜魔導士ナツを中心に魔法を使って暴れまくる王道ファンタジーです。

圧巻の画力や大ゴマ多めのバトル内容は何が起こっているのかわかりやすく、派手なアクションや仲間達との友情などもあり初心者からマンガ好きまで誰でも楽しめる内容となっています。

更には登場しない魔法がないんじゃないかと思うほど魔法のバリュエーションが多く、それに比例してキャラクターの数も桁違いに多いです。メインキャラクターが膨大なのにも関わらずキャラが立っているので掛け合いを見ているだけでも面白いです。

話がサクサク進むのが特徴的で全63巻と超大作でありながらそれを感じさせないほどのスピード感で読むことができます。細かく「~編」ごとに分かれており基本的には連載期間で1年(約6巻分)くらいに収まっているため区切りよく読みこともできます。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

武装錬金(全10巻)

錬金術によって造られた、人を喰らう怪物・ホムンクルス!! 怪物に殺された高校生・武藤カズキは、謎の少女・斗貴子に“核鉄”を与えられ、生き返る…それは、カズキの新たな命であるとともに、怪物と戦う力だった!!

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は和月伸宏先生です。

核鉄と呼ばれる力で一命をとりとめた主人公武藤カズキが大切なものを守るため錬金の戦士となりホムンクルスとの戦いに挑むバトル漫画です。

武器のチョイスが突撃槍、処刑鎌、黒色火薬など他の漫画では考えられないセンスが光ります。錬金術やホムンクルスなど男なら一度は憧れた要素がてんこ盛りで王道の少年漫画と言えるでしょう。

実はこの作品は本誌で打ち切られているにも関わらず、完結編が掲載されるなど異例の待遇を受けています。そのおかげか全10巻で綺麗にまとまっておりテンポの良さも相まって名作の仲間入りを果たしている変わった作品です。

ライバルであるパピヨンのキャラが濃く、半端ないカズキへの執着心や正々堂々とした決着を求める姿勢など理想的なライバル関係となっており、時には共闘したりなど熱い展開も見る事ができます。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

BLACK CAT(全20巻)

かつて数多の要人を暗殺し「不吉」の象徴として闇の世界に君臨した伝説の抹殺者・黒猫こと、トレイン=ハートネット。彼は二年前所属する組織に処刑されたはずだった。だが世の中を掃除する掃除人としてここに復活!!

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は矢吹健太朗先生です。

元抹殺者の主人公トレイン=ハートネットが相棒のスヴェンと共に懸賞稼ぎの掃除屋として悪人たちと戦うバトル漫画です。

矢吹先生の代表作”ToLOVEる”からは想像がつかないスタイリッシュなバトル漫画であり、主人公トレインが過去と決別する話となっており、組織にいた時代に出会った女性サヤとの出会いをきっかけに自由に生きていくことを目指し、その中で元居た組織クロノスのメンバーや因縁の相手クリードと戦っていくこととなります。

主人公グループの戦い方が三者三様となっており、トレインの武器は装飾銃で持ち前の早打ち技術が神業過ぎてかっこいいです。相棒のスヴェンはサポート型でありながら予言眼(ヴィジョンアイ)と呼ばれる未来が見える眼を持っています。ヒロインのイヴと呼ばれる少女はナノマシンの実験により自身の体を自在に変化させる能力をもっています。

物語が進むにつれて三つ巴の戦いに発展していくのが魅力的で主人公達だけでなく別組織同士の戦いなんかもあって盛り上がりどころが多い作品になっています。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ボボボーボ・ボーボボ(全30巻)

西暦300X年、全世界を支配する皇帝は、国民全てをボーズにすべく「毛狩り」を開始! そんな世に一人の男が現れた! その名もボボボーボ・ボーボボ! 究極の拳法「鼻毛真拳」を使う彼こそ、救世主だといいな!?
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は沢井啓夫先生です。

鼻毛真拳伝承者ボボボーボ・ボーボボが個性豊かな仲間達と共に毛刈り隊と戦っていく物語です。

言わずと知れたギャグバトル漫画であり、全く理解不能ながらもスピーディなハイテンションバトルは他の漫画では見たことがない唯一無二の存在ともいえます。

ユニークすぎる設定やキャラクターそしてあの有名なボーボボだけの人気投票などからもギャグセンスの高さは信頼できるもので、現代でもたまに話題になったりするほど一定のファンがついている作品です。

この漫画の凄い点は1巻に対してのボリュームが凄まじく、倍くらいの内容があるように感じるため、シリーズごとの敵を倒すまでに平均1〜2巻くらいしかかからないテンポの良さが魅力と言えます。

ギャグ部分だけでなくバトル内容も秀逸でかつての敵が仲間になったり、仲間と融合するボーボボフュージョンなど熱い展開も盛り沢山なのも人気の秘訣です。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

MIXIM 11(全12巻)

見た目は悪くないのになぜか破滅的にモテない3人組の男子高生が、ある夜にカルミナと名乗る女性に出会い、自分たちが北極星の王子候補者だった真実を知る。王子には一生モテない魔法が王様によって掛けられていた。しかし、その魔法が効果を成さない12人の女の子がいた。王子は彼女たちにだけはモテるとのことだが…… 次第に自分たちの命を狙うビッグバンØとの戦いに身を投じる…… wikipedeia引用

週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は安西信行先生です。

祭壱松、参宮橋竹蔵、春野小梅の3人がある星の王子様候補であることを知らされ、自分達の命を狙う敵と戦いを繰り広げることとなるバトル漫画です。

主要人物の武器が指人形、ゲーム機、着ぐるみと斬新すぎる武器を媒体として戦うため、他の漫画では見ることのできない戦いを楽しむことができます。これは各自が自分で武器の媒体を決めたためであり思い入れのある物を選んだ結果です。

敵味方それぞれが星座の加護を受けており、NOVAと呼ばれる必殺技を所持していて一回しか使えないためどこで発動するのかが勝負のカギを握っています。

序盤の方では星座の加護を持つ少女達とのラブコメの要素もあり、3人それぞれに好きな相手ができるので自分が惚れた相手を守るために戦う壱松達がかっこいいです。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

勇者が死んだ(全20巻)

平凡な農夫の少年トウカは、ある日突然、世界の英雄である勇者を殺してしまう!!!しかも、その現場を勇者の仲間である少女に見られていた!!勇者を死なせた男になったトウカの運命は…!!?
落とし穴からはじまる、村人と美少女たちのちょっとエッチな冒険ファンタジー!!

マンガワンにて連載していた作品で作者はスバルイチ先生です。

落とし穴に落ちて死んだ勇者に変わり勇者の体を借り世界を救う冒険ファンタジーです。

主人公トウカの戦闘スタイルが真っ向勝負ではなく、策を講じての頭脳戦が得意であったり農夫時代からのトラップ技術なんかがメインなため普通のバトル漫画とは少し違った戦いを見ることができます。

登場人物には女の子が多くちょっとエッチなシーンも多くなっており、主人公のマニアックな性癖が爆発するシーンも多数。

内容自体は剣と魔法の王道冒険ファンタジーなので誰でもとっつきやすく、巻数も20巻と長すぎず短すぎずなので興味のある方は読んでみてください。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

烈火の炎(全33巻)

 

忍者にあこがれる主人公・花菱烈火は、炎を生みだす不思議な力を持っていた。烈火はある日、治癒の力を持つ少女・佐古下柳と出会い、お互いの力を打ち明けたことで友人となり、烈火は柳を守ることを誓う。謎の女性、影法師の出現により、烈火達は魔力を持つ道具、“魔導具”の存在を知ることとなる。 wikipedia 引用

週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は安西信行先生です。

手から炎を出すことのできる忍者マニアの少年花菱烈火が、治癒の少女佐古下柳と出会ったことをきっかけに火影として仲間達と共に柳を狙う敵との戦いを始めるバトル漫画です。

主人公烈火が扱う炎には八竜と呼ばれる力があり様々な能力を生かした戦い方をすることができます。更には2つの炎を合わせた合体技など攻撃の幅が広いのが特徴的です。

また作中では魔道具と呼ばれる魔力を持つ道具を用いて戦うことになるのですが、1人1つと決まっているわけではなく相手から奪ったりなどしてパワーアップしていくのが面白いです。

序盤の絵は正直あまり上手くなく見にくいかもしれませんが中盤くらいからは普通にカッコいいスタイリッシュなバトルを見る事ができます。結構グロい描写もあり正直ちょっと怖い部分もあるのでご注意を。

見るからに不遇キャラに見える大男土門が実はめちゃくちゃ強かったりと意外性のある展開も多いので読んでいてワクワクする作品です。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

コメディ

アホガール(全12巻)

空前絶後のアホの子、います。――週刊少年マガジンで連載が始まると圧倒的な反響を得たアホの子漫画! アホすぎる女子高生・よしこの日常は、とにもかくにもアホすぎて、幼なじみのあっくんも思わずグーで殴るレベル!? 
週刊少年マガジンにて連載していた作品で作者はヒロユキ先生です。

とんでもないアホの子花畑よしこが幼馴染の阿久津明をはじめ、いろいろな人達に迷惑をかけまくるコメディです。

途中までは4コマ形式でしたが、雑誌移籍後は普通の漫画となっています。

主人公のよしこがとにかくアホでそのアホさはマークシート形式のテストで0点をとったり足し算も怪しいレベルで親からも将来を心配されています。

登場人物全員どこかしら頭のねじが外れているためよしこ以外がボケに回る時が特に面白い印象で、ぱっと見常識人が壊れていくことが多いです。

キャラクターがとにかくかわいく物語が進むにつれて最初はモブみたいなキャラクターにスポットが当たっていくのがいいです。線が多くなくはっきりとした絵をしていて、画風もかわいい感じなのでとにかく読みやすいです。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

月曜日は2限から(全7巻)

規則が厳しい宝成高校の一年、居村草輔。登校中に出会った、クラスメートの全身校則違反少女・咲野瑞季を学校まで連れて行ってしまったがゆえに、公認のお世話係にされてしまい…!?災難のような青春、始めました。
ゲッサンにて連載していた作品で作者は斎藤ゆう先生です。

普通の生徒であった居村草輔が不良少女咲野瑞樹との出会いをきっかけに校則から外れたよくない方向性へ引っ張られていく。

4コマ漫画です。物語はずっとほのぼのしておりラブコメと日常系の間くらい。主人公とヒロインの関係が恋愛対象ではなく悪友として物語が進んでいきます。そんな中で不意に異性を意識してしまうところが青春っぽくてなんか好き。

主人公の居村が校則違反少女咲野に振り回されてることが多いのですが、それ以外の登場人物は居村も含めた2人に振り回されることになり居村がどんどん不良側に染まっていくのが面白い。

全7巻と手に取りやすく最後までストレスなく読むことができるため気楽に楽しめる作品となっています。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

斉木楠男の災難(全26巻)

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近!?
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は麻生周一先生です。

生まれながらにして超能力者である斉木楠雄が平凡でありたいと願いつつも個性あふれるクラスメイト達に巻き込まれ、苦労する日常を描く。

これまでのギャグ漫画と一風変わり、主人公が一切喋らず心の中でツッコミ続ける異色の漫画で斉木以外のキャラクターがほとんどボケに回っています。

超能力を持ってしても行動が読めない奴や、厨二病重症患者、世界一可愛いのを自覚している美少女など様々なキャラがおり、何故か斉木のもとに集まってきます。斉木が興味ないと言いながらもクラスメイト達に対してなんだかんだで友達の意識が芽生えていくがほっこりします。

斉木が持つ超能力の数々が完全に便利というわけではなく何かしら欠点を持っており、トラブルの元になることもあるのが特徴的です。強大な力にはデメリットがあるという世の中そう甘くはないというのもテーマになっているようです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

最強伝説黒沢(全11巻+21巻)

2002年12月、土木作業監督・黒沢(くろさわ)は、自分の人生があまりにも満ち足りていないことに焦りを覚え、「人望が欲しい・・・!」という自らの欲求に気付く。44歳の誕生日を迎え、それを機に生き方を変えようと奮闘する。


ビッグコミックオリジナルにて連載していた作品で作者は福本伸行先生です。

穴平建設で働く現場監督黒沢の哀愁と苦悩の日々を描く日常コメディ?です。

数々のギャンブル漫画を世に放ってきた福本先生ですがこの”最強伝説黒沢”は40代の土木作業員の哀愁漂う日常を描いたコメディという異色も異色の作品です。

福本先生ならではの残念なキャラの個性を生かした斬新なギャグや心理描写を存分に生かしたバトル(喧嘩)もあり他の漫画では味わうことのできない面白さを持っている作品です。

続編として更に8年後に進みホームレスとして生活をすることになった黒沢の人生を描く”新最強伝説黒沢”も存在しこちらではホームレス仲間達からの信頼を得て協力しながら生活をしていくというこれまた見たこともない設定です。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

さよなら絶望先生(全32巻)

桜咲く4月。希望に胸を膨らませた登校途中の少女が、桜並木で出会ったのは、新クラスの担任の先生だった‥‥。そこまでは良い話。その先生の名は糸色望。学校から飛び下りたり、すぐ不登校になったり、超迷惑なネガティブ教師だった! 通称「絶望先生」が引っかき回すクラスでは、予想不能な事件が毎回毎回起きるのです!

週刊少年マガジンにて連載していた作品で作者は久米田康治先生です。

超ネガティブな教師糸色望とその生徒達によって繰り広げられるブラックコメディです。

話は1話完結となっており、あるあるや自治ネタをふんだんに取り組んだコメディとなっており、その内容もズバッと切り込んだり皮肉めいたものばかりなのではまる人はとことんはまるイメージです。

話のネタごとに中心となるキャラクターが違い登場キャラクターの数もめちゃくちゃ多いので、どの話も安定した面白さと新鮮さが期待できます。

もう10年近く前の漫画となるため自治ネタ自体がちょっと古くガラケーなんかが話題になっていたりするためその点はご注意を。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

太臓もて王サーガ(全8巻)

異世界「間界」の王子・太臓が、人間が住む「実界」にやって来た! その目的は太臓ハーレムランド建設!? 「赤い悪魔」と呼ばれる不良・阿久津宏海を巻き込んで、もて王を目指す太臓の「愛」のGAG物語が始まる!!
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は大亜門先生です。

変な見た目をしている魔界の王子百手太臓が人間界に嫁を探しにし、無茶苦茶な行動をとりまくります。

この漫画は明確に進めたい人がいるのですが、「2005年付近のジャンプ作品を知っている人」か「ジョジョが好きな人」。この条件に当てはまる人は絶対ハマります。

というのもこの漫画、ギャグ内容のほとんどがジャンプのパロディネタで構成されていて、中でも作者がジョジョが大好きなせいで盛り込まれまくっています。その度合いはすさまじくジョジョパロ専用にキャラクターが作られているほどです。

ですので逆に言えばどちらも分からない方は置いてけぼりになってしまう可能性がありますのでご注意を。

物語の中心となる私立ドキドキ学園にはモテ四天王という制度が存在していたり、恋愛に関するイベントが頻繁に行われるなどギャグ漫画らしいぶっ飛び方をしている学校なので基本的にやりたい放題な内容となっています。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

群れなせシートン学園(全9巻)

間様 人(ジン)はあらゆる動物をこよなく嫌う高校生。しかし彼が通うのは、先生も生徒も動物だらけの学校「シートン学園」。他の動物と馴染めないジンは同じ人間(しかも美少女!)の牝野 瞳と仲良くなりたいのに、一匹(ぼっち)狼の少女・ランカに目を付けられてしまい…!? 姿形は違っても、ペロペロすれば群れなせる!


サイコミにて連載していた作品で作者は山下文吾先生です。

様々な動物が生活するシートン学園で数少ない人間間様人がオオカミの少女ランカと出会い強制的に群れの一員にされるドタバタコメディです。

基本的に動物達は擬人化されているため普通に可愛らしいキャラクター同士の掛け合いを見る事が出き、現代らしいコメディ作品になっています。

動物嫌いである主人公の人が仲間達との交流をきっかけに心を許していくようになり様々な動物に好かれ頼られるようになっていきます。

動物の生態について詳しく知ることができ私はシマウマがロバの仲間であることやコアラの赤ちゃんが母の糞を食べて成長することなどはこの作品で知りました。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

湯神君には友達がいない(全16巻)

転校生・綿貫ちひろの隣の席の湯神くんは、ちょっと…というか、すごく変わってます。野球部のエースでありながら、野球部に溶け込んでないし、クラスでもなんとな~く浮いた存在…そんな湯神くんは、いつだって一人を満喫しています。新感覚お一人様コメディー開幕です!!
週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は佐倉準先生です。

友人関係に悩み続ける転校生綿貫ちひろと学校1の変わり者で友達を必要としない湯神裕二の日常を描く。

空気を読みたいちひろと空気を読まない湯神君との対比が描かれていて、マイペースの湯神君に振り回されながらもなんだかんだで共生できているのが奇妙で面白いです。友達と言えるほど仲良くはないですが、全く干渉しないわけではない微妙な距離感が特徴的でした。

空気を読んで自分を出せないちひろの姿は今の日本人なら当てはまるところも多く、湯神くんの的を得た発言にグサっとくるところがあるので常に続きが気になってしまう魅力があります。

日常系でありながら結構長期的な事件が次々起こり2巻とか使って話が展開されることもあります。大体湯神君のせいなんですが本人が気づいてすらおらず、知らないうちに解決することも多々あるのが面白いです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

ラブコメ

川柳少女(全12巻)

言いたいことは五七五の川柳で伝える女の子・雪白七々子と、見た目は怖いけど心優しい文芸部の毒島エイジ。五七五のたった17音で紡がれる二人の日常は、いつだって幸せいっぱい!
週刊少年マガジンにて連載していた作品で作者は五十嵐正邦先生です。

人と話すのが苦手で会話を全て川柳で行う美少女雪白七奈子と元ヤン毒島エイジを中心としたラブコメです。

物語はほぼ4コマ形式で進み最後のワンページだけ大ゴマ等も用いた形式に変わります。

出てくるキャラみんな可愛すぎてやばい。全員ちょっと抜けてるところがあって愛着が湧いてきます。なにより五十嵐先生の画力あって表情がめちゃくちゃ豊かなんですよね。

基本的にはこの2人が物語の中心であり少しずつ進展していく2人の関係からも目が離せません。見てれば両想いなのわかるのに2人の距離感にニヤニヤしてしまいます。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

隣の柏木さん(全12巻+2巻)

桜庭雄斗はオタクな男子高校生だけど、オープンにしていて結構楽しい毎日。最近はお絵描きSNSで見つけた絵師『sayane』のイラストの大ファン♪新学期を迎え、学園内でトップを誇る才色兼備の美少女・柏木琴子と席がとなり同士に!ドキドキの雄斗だが、柏木さんは大の『オタク嫌い』だそうで…!?

まんがタイムきららフォワードにて連載していた作品で作者は霜月絹鯊先生です。

オープンなオタク桜庭雄斗が隠れオタクの柏木さんと仲良くなろうと奮闘する物語です。

主人公の桜庭が空気が読めないタイプですぐに余計なことを言ったりするので結構頻繁にトラブルが発生します。みていて自分も気をつけなくちゃなと思うケースも多かったです。なんだかんだで許してくれる柏木さんが優しい。

登場人物があまり多くなく、その分一人一人のキャラクターが掘り下げられるので好きな人は好きなタイプだと思います。

最初は友達になりたかった桜庭が次第に柏木さんに恋愛感情を抱いていく過程がオタク感満載でリアルでした。

物語完結からの続きを描く隣の柏木さんafterも存在します。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

はじめてのあく(全16巻)

15歳の阿久野ジローは、元・悪の組織の科学者。でも組織を正義の人達に潰されて、親類の渡家のお世話になることに。そこには同い年の一人娘キョーコが居たりして、ひとつ屋根の下さあ大変な居候コメディー!!

週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は藤木俊先生です。

女子高生渡キョーコは平凡な日々を送っていたが、従兄弟である阿久野ジローと出会いその一族である悪の組織「キルゼムオール」に巻き込まれる日々が始まった。

結構ぶっ飛んだ設定で悪の組織と正義の味方が存在したり、ジロー特製の発明品とか出てきてドタバタコメディの色が強い。

ジローが最初は改造対象としてみていたキョーコに徐々に惹かれていく過程が描かれ、なぜか存在するキョーコのファンクラブメンバーと仲良くなっていくのも面白い。

キョーコの友人達にもスポットライトがあたり物語が進むにつれて進展していくサブキャラ達の恋愛の方にも要注目。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ハレルヤオーバードライブ(全15巻)

中学卒業式の日、好きな女子に曲を贈って告白したところ、見事に玉砕した小雨。高校でバンドを組み、カッコよくなって見返してやりたいという思いで軽音部入部を決意するが、入学した高校には軽音部がないことが発覚!ショックを受ける小雨だったが、小柄な女の子・空次ハルが「バンドやりたいんだね?」と声をかけてくる。そして彼女に連れられた先は「金属理化学研究部」で…

月刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は高田幸太郎先生です。

中学時代恋愛で失敗した少年朝桜小雨が入学した高校でバンドのステージで輝く少女空木ハルに一目惚れをし、金属理化学研究会、通称「メタリカ」に入部することとなる。

実はこの作品ラブコメの枠に置くか迷った作品です。というのもバンド要素が非常に多く、スポ根のような熱さが要所要所にあるのでそっち方面にも期待できます。

主人公の小雨がめちゃくちゃいい奴で熱い男でもあるので素直に応援したくなっちゃいます。サブキャラ達の恋愛も豊富で盛り上がりどころ満載です。

序盤から中盤にかけて絵の雰囲気がガラッと変わりキャラも一気にカッコよく可愛くなります。また演奏中の躍動感も凄くまるで音が聞こえてくるみたいなのでぜひ見てみてください。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

りぶねす(全12巻)

妹の笑顔さえあれば何もいらない! そう豪語するテツの通う花鳥高校に、最愛の妹・カスミがご入学!! 新生活には男子生徒からの告白や、部活の勧誘など危険(?)がいっぱい!! カスミを“理想の妹”として可愛がってきたテツは、毎日が気が気じゃありません! 勉強やダイエットのサポート、ブラジャーの新調まで……“理想の兄”として周りを巻き込んでの大奮闘! 見守りたくなる純・愛<ピュア・ラブ>コメディー開幕!

マガジンポケットにて連載していた作品で作者は堂本裕貴先生です。

早くに両親を無くし2人で生活してきた妹を溺愛している主人公甲斐堂哲郎とその妹花純、そして哲郎に好意を寄せる幼馴染の西条飛鳥を中心としたラブコメディです。

哲郎のシスコンぶりがヤバく、盗撮やストーキングも日常茶飯事。完璧超人とも言えるスペックを持ちますが全ては妹のためであり、理想の兄を目指した結果だったりします。

実際に花純がめちゃくちゃ可愛く、お兄ちゃん大好きっ子で兄が溺愛するのも納得できるほど魅力的に描かれています。

妹との恋愛かな?と思いますが結構序盤で飛鳥の方から哲郎にしっかりと想いを伝えており、哲郎は妹のことを疎かにしたくないため受け入れられずにいますが、特別な存在としては認識しているので安心してみていられます。

終着点が早めに見えるのは個人的にはありがたく、やっぱり幼馴染みが最高と知らされる作品でした。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

スポーツ

アイシールド21(全37巻)

泥門高校1年・小早川瀬那。気弱な性格が災いし、幼き頃よりパシリ人生を送ってきた。だがそのおかげで(?)ズバ抜けた俊足を持つ瀬那は、悪魔のごとき男・ヒル魔によりアメフト部へと引きずり込まれるが!?

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は稲垣理一郎先生(原作)、村田雄介先生(作画)です。

ビビリで庶民の主人公小早川瀬那がパシリによって鍛えられた足を見込まれ、アメフト界のヒーローになるお話。

アメリカンフットボールが題材の漫画です。一見難しそうなスポーツに見えますが、作中で細かに言及されるため、読んでいれば自然と理解できるようになっています。

スポーツ漫画内でも屈指の面白さを誇り、読んだ人は皆絶賛するほどの名作と言えます。

登場人物全てのキャラが濃く、敵味方問わずそれぞれが主役だと言わんばかりの活躍を見ることができ、各高校でのドラマがあることにも注目です。

主人公チームである泥門は攻撃特化のチームであり、司令塔のヒル魔のトリックプレーを中心とした「だからこそ行く」の精神でチーム一丸となって格上相手に勝利を収めていくのが王道ながら熱いです。

また、流石としか言えない村田先生の画力も相まって勢いのある試合内容にハマること間違いなしです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

エリアの騎士(全57巻)

トップ選手も大絶賛!! これぞ本格サッカー漫画! “日本サッカーの至宝”“U-15の天才エース”と呼ばれる兄・逢沢傑(あいざわ・すぐる)に憧れながらも、とある過去の呪縛によって、マネージャー職に「逃げ」てしまった元FW(フォワード)の駆(かける)。人前ではボールを蹴れないそぶりを見せつつも、本当はサッカーをしたくてたまらない――。ジレンマだらけの駆だが、「お前は世界レベルのFWになれる!」という檄(げき)を浴びる。……厳しくやさしい「言葉」の主は、いつも仰ぎ見る兄だった!!


週刊少年マガジンにて連載してい作品で作者は伊賀大晃先生(原作)、月山可也先生(作画)です。

兄弟で交通事故に巻き込まれ死んだ天才プレイヤーの兄傑の心臓を移植し生き残った駆が兄と夢見たワールドカップを目指しサッカー人生を歩む話。

主人公の駆がストライカーとして成長していく様子が丁寧に描かれており、ゴールへの嗅覚を武器に大活躍していきます。

駆が所属する江ノ島FCは全員が楽しそうにサッカーをするので見ていて気持ちよく、それぞれが持ち味を生かして強豪と戦い勝利していくので全員に見せ場があり一見影が薄そうなキャラが台頭してくるのが面白い。

もう一人の主人公ともいえる魔術師荒木竜一が凄技を連発し、会場を沸かせまくるのも爽快感があって見どころだと思います。

全57巻とボリュームも凄いので大作を読みたい方におすすめです。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

最後は?ストレート(全20巻)

各分野の天才を輩出する千刻学園。独自の選抜システムで全国から選ばれ、学園で英才教育を受ける学生はそのいでたちから尊敬と畏怖をこめ、こう呼ばれる……“千刻の白服”と!!高津睦月は“白服”にもかかわらず未だ才能が見つからず、ゲームばかりしている。しかし、転校生の野球白服・大河に、天才投手“御角”と間違えられたことから、運命が動きはじめた……!!本格野球ストーリー、ここに開幕!

週刊少年サンデーにて連載していた作品で全20巻完結済み。作者は寒川一之先生です。

数々の才能を発掘してきたマンモス校千石学園で何の取り得もなかった主人公髙津睦月が溝口大河と出会ったことをきっかけに野球を初め、秘められた才能を発揮していく物語です。

千石学園では各分野の才能を見込まれた者に「白服」と呼ばれる制服が渡されるのですが、なぜか睦月だけは「白服」でありながら何の才能も発揮することがありません。

そんな「灰色の白服」と呼ばれた睦月が野球の白服である大河と出会い、野球を始め、初めて三振を取ったことをきっかけに自分の才能があろうがなかろうが野球を続けようと決意します。

ピッチャーとしての睦月の武器はストレートで回転数が凄いです。睦月の成長速度が速くストレスなく読むことができます。

また、睦月のチームは人数が足らず別の競技の白服が助っ人として出場するのですが、それぞれの専門分野を生かした野球を見せてくれるのが面白いです。

画風がちょっとデフォルメちっくなので読みやすく、キャラも可愛い感じになっています。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

テニスの王子様(全42巻)

テニスの名門校・青春学園中等部に入学してきた越前リョーマ。アメリカJr.大会4連続優勝の経歴を持ち、天才少年と呼ばれるリョーマだったが、青学テニス部には、1年生は夏まで大会に出られない規則があり…!?

中学1年生でありながら大人顔負けの実力を持つ少年越前リョーマが青学テニス部に入部し仲間達と全国大会を目指していく。

言わずと知れた異能力テニス漫画です。

この漫画の凄いところは全ての読者を虜にしてしまうところで、熱いスポコン漫画好きはもちろんのこととんでもテニスとしてのネタ要素やかっこいいキャラクターが大好きな女子人気もあり全ての方面からファンを獲得しているある意味最強の漫画だと思います。

1試合ごとのテンポの良さが特徴的であり、長くても1巻分ほどとなっているため一切ストレスなく読むことができます。

主人公達青学だけでなく、ライバル校にも魅力があり学校ごとにチームの色が出ているのでどの対戦カードも名試合ばかりとなっています。

現在連載中の新テニスの王子様はもはやギャグ漫画なのかと錯覚するほど無茶苦茶な試合内容となっており、こちらも要チェックです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

バチバチ(全48巻)

ある事件をきっかけに相撲界を追われ、この世を去った大関・火竜! その息子、鮫島鯉太郎の胸には父が遺した言葉が深く刻まれていた!!待ったなしの角界激震! 本格大相撲漫画!!

週刊少年チャンピオンにて連載していた作品で作者は佐藤タカヒロ先生です。

小型力士である鮫島鯉太郎がライバル達と得意のぶちかましを武器にバチバチの真っ向勝負を仕掛けていく相撲漫画です。

最大の特徴は主人公鮫島の真っ向からぶつかっていく相撲スタイルです。鮫島と戦ったものはみな正々堂々の勝負にこだわるようになり周りを巻き込む勇ましさはまさに主人公。

ライバル達のキャラクターも魅了十分となっていて中でも親の代から続く永遠のライバル王虎との因縁は最初から最後まで続き何度も戦うこととなるのですが立ち会うごとにお互いを認め合い高めあう姿がめちゃくちゃ熱いです。

他にも所属部屋ごとのドラマがあったりして先輩力士の雄姿やトラブルなど試合以外の要素にも力が入っているので要注目です。

しかしこの作品、クライマックス直前で作者の佐藤先生がお亡くなりになられてしまい未完のまま連載終了することとなりました。名作になること間違いなしであったバチバチシリーズが予想外の形で終わってしまいショックでしたが、未完であるながらも鳥肌物のラストを迎えているので読んでみてほしい作品です。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ナナマルサンバツ(全20巻)

入学早々、高校1年生の越山識が勧誘されたのは、怪しげな先輩が会長を務める「クイズ研究会」だった! 同級生の真理に引っ張られ、識が出会った競技クイズのめくるめく世界とは!? 熱血競技クイズ漫画登場!

少年エースにて連載していた作品で作者は杉基イクラ先生です。

本の虫だった主人公、越山織が新歓で行われた早押しクイズ大会でボタンを押した瞬間から競技クイズの世界に足を踏み入れる。

競技クイズが題材の漫画で、スポーツなのかは怪しいですが描写としての熱さはスポコンのそれと変わらず、クイズは0.1秒の世界を競う戦いであり登場人物達が真剣でそして楽しそうにクイズをしている様子は他の漫画では味わえない風情があります。

初心者である主人公識を通してクイズのロジックや裏技なんかが解説されるのでクイズについて一から知っていくことができます。

作中で用いられるクイズ形式も普通の早押しクイズだけでなく、多答回答クイズや筆記問題など多種多様な形式があり交流会などでは高校生が独自で考えたクイズもあるため見ていて飽きない作りとなっています。

それぞれ得意ジャンルなんかもあって主人公の識なら文学問題、ヒロインの真理ならベタ問題などチームで助け合いながらカバーしていく展開もあって熱いです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

火の丸相撲(全28巻)

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸! 「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 頂点・横綱を目指す――ド白熱高校相撲、開幕!!

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は川田先生です。

少年時代国宝と呼ばれる将来を期待された男潮火ノ丸が挫折を乗り越え小さな体格で相撲界の頂点を目指していく相撲漫画です。

相撲という勝負が一瞬で着くスポーツであるため1試合ごとのテンポが非常によく長くても3~4話ほどで決着がつきます。その短い中でも駆け引きなどの心理戦や一進一退の攻防などが丁寧に描かれているため読みごたえもありです。

国宝と呼ばれる将来の横綱候補達が多数登場し他の選手とは別格の強さを持っているため、主人公含めた国宝対決が最大の盛り上がりを見せ、試合内容も迫力が段違いとなっています。

火の丸に引っ張られ、相撲の世界に魅了されたチームメイト達との高校編は仲間達との絆が如実に現れてまさに王道スポーツ漫画だと思います。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ミスターフルスイング(全23巻)

猿野天国は十二支高校1年B組15歳、彼女いない歴15年、無茶を繰り返すパワフルバカ。入学早々、野球部のマネージャー鳥居凪に一目ぼれし、全く野球経験がないのに野球部に入部…しようとするが、なんと今年から入部試験が導入された!?

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は鈴木信也先生です。

主人公猿野天国(あまくにって読みます)が野球部マネージャーの鳥居凪に一目惚れをし彼女の気を引くために持ち前のパワーを生かして甲子園に連れていく約束をします。

主人公猿野は野球完全初心者ですが抜群の運動能力や持ち前のパワーを武器に長打力が魅力のバッターへと成長していきます。

半分ギャグ漫画で試合中でもお構いなしにギャグを挟み、ちょっとくどいと感じるところもありますが、締めるべきところはしっかり締めており、熱い展開も盛り沢山となっています。

本作は能力野球漫画にあたり「魔球」や「~打法」などの必殺技も多数登場、ボールが消えたり、打った球がジグザグに落ちてくるなどとんでも野球が繰り広げられますが必殺技同士の真っ向勝負はやはり燃えるものがあります。

週刊少年ジャンプで連載していただけあって友情、努力、勝利を体現しているような漫画でジャンプで数少ない野球漫画のヒット作ということもあり貴重な存在です。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

ミステリー・ホラー・サスペンス

アポカリプスの砦(全10巻)

ゾンビvs.不良!!!!! 監獄を舞台に災厄が最悪を食む!! ――関東中の不良が集まる更生施設・松嵐(しょうらん)学園に、無実の罪で収監された前田義明(まえだ・よしあき)。暴力渦巻く日々に、義明は絶望感を募らせていく。そんな中、監内に突如現れたのは死してなお歩き、人を喰らうゾンビだった……! 悪夢のような世界で、不良達のサバイバルが始まる!! 戦慄のパニック・ホラー!!!

月刊少年ライバルにて連載していた作品で作者は蔵石ユウ先生(原作)、イナベカズ先生(作画)です。

無実の罪を着せられ刑務所に入れられた前田義明が世界中がゾンビになった世界を仲間達と共に生き抜くパニックホラーサバイバルです。

THEゾンビパニックと言える内容でセオリー通りでありながらこの作品ならではの良さを表現しているのが特徴的です。

こういう漫画ではキャラの薄さが目立ちがちですが一人一人に焦点が当てられ話が進むにつれて仲間意識が濃くなっていく様子が描かれているので成長していく登場人物達が好きになっていきます。

ボコールと呼ばれる目が三つあるゾンビの親玉がいるためストーリーがわかりやすく話が取っ散らからないのがいい点でこいつを捕らえてゾンビ化の謎を解くという構成になっています。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

今際の国のアリス(全18巻)

やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…

週刊少年サンデーSにて連載していた作品で作者は麻生比呂先生です。

謎の世界に飛ばされたアリスが己の生存のために命を賭けたデスゲームに挑戦し、元の世界への帰還を目指すデスゲームサバイバルです。

よくあるデスゲームものの中でも設定が細かに織り交ぜられている作品でゲームの内容も一見理不尽に見えるものが多いですが公平性が保たれており、攻略法なども納得がいくものが多いです。

主人公アリス視点だけでなく、サブストーリーとして今際の国で生き延びている人物にスポットライトが当てられ後半の方で物語が交錯するのが熱い。

♠️→体力系、♣️→バランス系、♦️→知能系、❤️→心理系とジャンルが分かれており、プレイヤーごとに得意分野が存在するため、自分の得意な分野で戦う事ができます。

現在完全続編の「今際の国のアリスRIVENGE」が連載中です。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

エデンの檻(全23巻)

存在しない場所! 不可解な動物たち! 底知れぬ謎! 全力で生きなきゃ死んじまう! この島ハンパねぇ!! ――グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた! 気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島だった。襲いかかる猛獣たち。非日常の緊張からパニックを起こすクラスメイト。謎だらけのジャングルで“生き残り”が始まる!

週間少年マガジンにて連載していた作品で作者は山田恵庸先生です。

修学旅行の帰りの飛行機が墜落し、絶滅動物の島に遭難した中学生達が島の秘密を解き明かすサバイバルサスペンスです。

この作品最大の特徴は何千年も前に滅びたはずの絶滅動物が大量生息する謎の島が舞台なっていること。そんな謎だらけの島で絶滅動物達に襲われながら日本に帰る方法を探します。

古代にはこんな動物がいたんだという関心やそれが襲いかかってくる恐怖、その場の機転で切り抜けるところなど圧倒的な面白さが秘められています。

絶望的な島でそれまでの学校生活ではパッとしなかったアキラに秘められたリーダーシップが開花し、成長していく様子はまさに少年漫画。

正直いうと打ち切り漫画となっており、終わり方は納得のいくものではありませんでしたが中盤あたりまでの圧倒的なワクワク感が勝るため一度読んでみて欲しい作品です。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

屍鬼(全11巻)

199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。同時期、古い洋館に越して来た桐敷一家と接触した女子高生・清水恵が行方不明に。相次ぐ怪事件…凄烈なる夏が始まる!
ジャンプスクエアにて連載していた作品で作者は小野不由美先生(原案)、藤崎竜先生(作画)です。

山奥にある小さな村で不可解な死が連続で起こる。そして死んだはずの人間が何故か目撃されるようになっていく。

小説が原作の作品でコミカライズとなっています。

起き上がりと呼ばれるゾンビと吸血鬼を足して2で割ったような存在がテーマとなっており、起き上がりに血を吸われた者は生気が無くなっていきやがて死んでしまいます。その死んだ者がまた起き上がりとなり別の者を・・・の繰り返しで村がとんでもない目に。

ホラーの要素が強く起き上がりが活動するのが夜ということもあるので藤崎先生のリアルな絵も相まって恐怖感が煽られまくります。

起き上がりとなった者にも自我があるため、自分が見知った人間の血を吸い生きていかなくてはならない病者がめちゃくちゃ切なく、葛藤と戦ったりする場面もあります。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

自殺島(全17巻)

「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。果たして、セイ達の運命は!? 極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリース!!

ヤングアニマルにて連載していた作品で作者は森恒二先生です。

主人公のセイを中心に自殺未遂者達が送り込まれた島で改めて命と向き合い生きる希望を見出していくサバイバル漫画です。

主人公が自分が生きるために狩猟の技術を身に着けサバイバルを続けていくので割とサバイバル知識が身に付きます。(いつ役に立つかはわかりませんが・・・)弓や罠などを用いたアクション要素もあり時には他の人間との対立などバトル要素もあります。

島の中で新しい住処を探したり住民同士で子供を作ったりなど全17巻でありながら事件やイベントが多くなかなかボリュームがあり作品となっています。

登場人物達がそれぞれ生きるということと向き合いながら葛藤を繰り返すこととなりクライマックスまでテーマが一貫しているため作中を通して私達にもメッセージが伝わってくるような気がします。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

親愛なる僕に殺意をこめて(全11巻)

「人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ。だが彼は、人には言えない“過酷な運命”を背負っていた。その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく―――。


ヤングマガジンにて連載していた作品で作者は井龍一先生(原作)、伊藤翔太先生(作画)です。

連続殺人犯を父に持つ大学生杉浦エイジが自分の中にいる二重人格の正体に迫るクライムサスペンスです。

自分の記憶にないまま彼女ができたり何千万と言った大金を所持していたりなどから二重人格を疑うようになり自分の中にいるもう一つの人格の目的を突き止めるため危険を侵しながらも真実に迫っていくのが面白い。

登場人物達がそれぞれ自分の目的のために行動しており人間のエゴのようなものも見れるのが特徴的です。

また、物語の展開が想定外の方向に切り替わっていくのが特徴的で全く先の読めないストーリーに一度読んだらやめられない魅力があります。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

絶望の楽園(全6巻)

17歳の初夏、母を亡くした。忙しい毎日の中で、少しずつ拡がった胸の穴を、彼女の笑顔だけが埋めてくれた。夏の盛り、青年は“楽園”に連れ去られた。地下労働、腐った食事、狂信的な信者たち。この地獄から脱け出す方法はただひとつ。偽りの信仰を捧げ、全てを騙せ──!

マガジンポケットにて連載していた作品で作者はtos先生(原作)、オギノユーヘイ先生(漫画)です。

カルト宗教「日照雨(そばえ)の会」に後継者候補として拉致された主人公芦谷透が地下施設からの脱出を目指す話です。

日照雨の会には死者を復活させるという奇跡が存在するが、どうやら裏があるらしくその謎が解けていくのも注目です。

透以外の後継者候補達にもそれぞれ目的があり施設に来ていて、誰が透の味方か敵か二転三転する内容になっているため、全6巻と長くはありませんが内容はしっかり詰まっておりサスペンスなのにスピード感があるのが特徴でした。

何があっても心の折れない透がカッコよく、腐った弁当を笑顔で食ったり、自分の手に包丁突き刺したりと圧倒的な精神力が特徴的でした。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ハッピーシュガーライフ(全10巻)

松坂さとうには、好きな人がいます。一緒に暮らして愛を語り合うと、とても甘い気持ちになるのです。きっとこれが「愛」なのね。彼女はそう思いました。この想いを守るためなら、どんなことも許される。騙しても犯しても奪っても殺してもいいと思うの。戦慄の純愛サイコホラー第1巻。

ガンガンJOKERにて連載していた作品で作者は鍵空とみやき先生です。

女子高生松坂さとうがまだ幼い女の子神戸しおを誘拐しマンションの一室で2人甘く幸せな生活を送る物語。

可愛らしいタイトルとは裏腹に思考がサイコパスな主人公さとうが自分達の幸せのためなら人殺しすら躊躇わないとんでもない少女。当事者の2人はとても幸せな生活を送っているが2人に関係したものはもれなく不幸に巻き込まれることとなります。

しかし、頭のネジが外れているのはさとうだけでなく登場人物達はなにかのきっかけに思考がバグってしまっている者ばかりですので狂気を感じることが多いです。

少女を誘拐していたり人を殺したりなどいくつもの犯罪を犯してしまっているのでハッピーエンドになり得ないことを理解していながらも幸せそうな2人の生活を見ているとこのまま終わってくれないかなと願ってしまいます。

この2人がどのような結末を迎えるのか興味のある方はぜひ読んでみてください。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

僕だけがいない町(全9巻)

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。

ヤングエースにて連載していた作品で作者は三部けい先生です。

主人公の藤沼悟は過去に起きた殺人事件の真相を探るべくタイムスリップ能力を生かして過去と現代を何度も繰り返すこととなる。

本来は未来が見える能力であった”リバイバル”の能力がまさかのタイムスリップにまで発展。小学生時代に戻ってしまった悟が殺人の被害者となってしまった同級生の死について捜査し過去を改変しようとします。

展開の移り変わりが速く巻数が短い割に内容はしっかり詰まっている印象を受けました。事件は予想外の方向に発展し悟が過去を変えていくことで本来存在した未来とはどんどんずれていくこととなっていくのが面白いです。

物語ラストのシーンがめちゃくちゃ好きでここまで読んできてよかったと素直に思える出来で喪失感のような物もありました。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

僕の名前は少年A(全4巻)

13歳で教師を殺したその日、僕の名前は「少年A」となったーー…。 13歳で人を殺したその日、僕の人生は一変した…。 全てを偽り、嘘で塗り固めた毎日を送る。 これまで存在していた自分という存在は消え、「少年A」という名前だけが一人歩きする。 でも僕は必ず君を守り抜くと決めたから───…。

ガンガンオンラインにて連載していた作品で作者は君塚力先生(原作)、日丘円先生(作画)です。

好きな女の子を守るため全てを背負い嘘の自白をした少年貴志により自分だけでなく周りの人間の人生をも狂わせてしまうこととなります。その後1度は社会復帰に成功したかに見えた貴志が何者かにSNSで正体をばらされもう1度世間からの冷たい目を浴びせられる。

普段ニュースで見ている事件なんて私達はすぐに忘れてしまいますが当事者達は世間からどのように扱われるのかリアルに描かれており、自分だけでなく周りにも影響が出るという怖さがわかりました。

少年法に守られているため自分1人が真実を隠せば数年で元通りになれると浅い考えをしてしまった貴志が自分の考えが甘かったと理解するシーンが悲しくなりました。

道中胸糞悪い部分も多いので少しネタバレをしますが最後はBADENDというわけではなくある程度救いのある物語にはなっているので是非読んでみてほしい作品です。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

魔人探偵脳噛ネウロ(全23巻)

女子高生・桂木弥子の父親が殺された。密室の惨殺事件。謎に満ちた事件は弥子の日常を混乱へ…。一向に捜査が進展しない中、悲しみにくれる弥子の前に脳噛ネウロと名乗る男が現れた。彼は言う。究極の『謎』を解きたいと…!!

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は松井優征先生です。

「謎」を好物とする魔界からやってきた魔人ネウロとネウロに女子高生探偵に仕立て上げられた桂木弥子の2人が数々の事件を解決していく。

推理漫画としてみたら他の有名漫画ほどしっかりしているものではなくトリックの種や解決までの糸口などは簡易的に描かれています。そのかわり犯人の心理に重点を置いている作品で追い詰められた犯人が見せる本来の姿が特徴的。

魔人であるネウロが地上に降り立ったことにより魔力が失われていき物語が進むにつれて弱体化していく変わった漫画で後半になればバトル展開も増えていくため魔人という圧倒的な存在が追い詰められていくこととなります。

長編シリーズのラストシーンが綺麗にまとまっており、電人HAL編のラストシーンは作中屈指の名シーンとして語られています。最終回のまとまりもよく綺麗に終わった漫画としても有名です。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ROUTE END(全8巻)

人の死が日常的となる職業、“特殊清掃業”を生業とする青年・春野。彼が近隣で続発する連続猟奇殺人事件、「END事件」に足を踏み入れて…。生と死の在り方を問うサイコ・サスペンス開幕!!

ジャンプ+にて連載していた作品で作者は中川海二先生です。

主人公春野太慈が自分の恩人を殺した謎の連続殺人犯ENDの正体を追いかける物語となっています。

ENDは死体を分解しそのパーツで「END」の文字をつくる狂気じみた犯行を繰り返すやばい奴で「END」の正体や数々の伏線など終盤に向かうにつれ盛り上がりが増していきます。

主人公は特殊清掃員と呼ばれる仕事をしており、自殺や殺人などの死体が長期に放置された場合の後処理を行います。他の漫画でも見た事ない職業でこの仕事が物語にどのように絡んでくるのかも注目です。

また作品のテーマとしてそれぞれの「人の死」との向かい合い方があり登場人物達がどのように乗り越えていくのかが深く描かれていたため読み終わった後で考えさせられるものがありました。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

少女漫画

俺様ティーチャー(全29巻)

不良番長黒崎 真冬は埼玉を統一した直後、乱入してきた警察官を前に子分達から置いてきぼりを食らい、1人捕まったことで“東校”を退学にされてしまう。母の計らいで1人埼玉を離れ、“緑ヶ丘学園”に転入出来ることになったものの、寮は満室。アパートでの独り暮らしを始めることになる。新天地では母と絶対にケンカをしないと約束したことから、番長やヤンキーであった過去を完全に隠すと決意した矢先、転入前日に訪れたコンビニで絡まれていた男を思わずケンカで助けてしまう。たがその男は学校の担任であり、アパートの隣人佐伯 鷹臣だったのだ。 wikipedia引用

花とゆめにて連載していた作品で作者は椿いづみ先生です。

元女番長黒崎真冬が転校をきっかけに一般人としての道を進もうとするが、転校先も不良の巣窟だった。

少女漫画なのに恋愛要素が薄い作品で完全に男女の友情が成り立っています。主人公の真冬が元番長で喧嘩が強いのですが基本的にはアホの子であり一般人の友達を作ろうと奮闘しますが空回りで結局不良との付き合いも続いてしまいます。

どちらかと言えば男が可愛くて純粋すぎてなんでも信じちゃう早坂君や真冬のことを心酔しており空回りしてしまう寒川などキャラの魅力が特徴的でした。

コメディ要素が強く基本的にはふざけていますがシリアスな話になった時は仲間の協力なども借りこれぞ青春漫画と感じる部分も多かったです。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ひよ恋(全16巻)

ひよりは、超~人見知りな高校1年生。わけあって、みんなより遅れてスタートした高校生活。同じクラス&となりの席の、広瀬くんに恋をしました。いつもまわりに人がいて、明るくて楽しい彼は、自分とは正反対なんだけど―――!?

りぼんにて連載していた作品で作者は雪丸もえ先生です。

入学直前に交通事故にあってしまい入学が遅れた内気な少女西山ひよりが自分に優しく接してくれたクラスの人気者広瀬結心に恋をする。

初めは内気な性格だったひよりが恋をきっかけに少しずつ成長していきクラスメイトとも打ち解けていきます。広瀬くんがとにかくいい人でクラスの人気者というのも納得の性格の良さをしており話が進んでいくほど好感がもてます。2人の身長差は50センチもある凸凹具合で兄弟と間違われるほどです。

最初はひよりの片思いでしたが様々な過程を経て恋愛していく様子がよく描かれており広瀬君の心境の変化にも要注目です。

また、サブキャラクターにもスポットライトが当たることが多く序盤から登場していた魅力あるクラスメイト達の恋愛の話も多いのでいくつもの恋の様子を見る事ができます。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

僕の家においで(全10巻)

チョー貧乏ネガティブ純情少女×美男子×同居=ドキドキMAX!! ちょー貧乏ネガティブ純情少女の美玲は、人並の高校生活を送るため、アルバイトに励む日々。そんな中、美玲は不注意から、国宝級美男子・真野さんにケガをさせてしまい…!? 女の子のアコガレがいっぱい詰まった、とびっきりのドキドキストーリー第1巻!

リボンにて連載していた作品で作者は優木なち先生です。

超貧乏少女帰山美玲がバイト中に運命の出会いをした超イケメン大学生真野典也に気に入られ家政婦として同居生活を送ることに。

貧乏少女がハイスペックイケメンと恋に落ちるシンデレラストーリーとなっています。まさに漫画ならではの設定で夢のような同居生活を送る2人に様子はまさに甘々。

どちらかと言えば真野さんが美玲のことが好きすぎて美玲に不自由のない生活ができるように徹底的にサポートしており、美玲も真野さんへの優しさに答えられるようにネガティブな性格からを改めるように努力することとなります。

恋愛漫画でお決まりの恋のライバルや定番イベントなどは一通り存在しますがこの作品では基本的に2人だけの世界となっているのが特徴的でした。

現在は続編の「僕の家においでwedding」が連載しています。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ラストゲーム(全11巻)

小学生の柳は超完璧少年だったが、転校生・九条が現れ、勉強・運動で惨敗! 柳は人生初の挫折を経験し、九条への雪辱を誓う。同じ中学、高校に進学する中、「惚れた方が負け」という言葉を耳にし、柳は九条を惚れさせようと決意する。十年に渡る二人の勝負(ラストゲーム)が、今始まる!!

LaLaにて連載していた作品で作者は天乃忍先生です。

小学生時代九条美琴に負けたことをきっかけに絡むようになった柳尚人は九条に惚れされて振るという目標のもと10年間も付きまとうこととなる。そしてそんな2人のラストゲームが始まることとなった。

少女漫画では珍しく男の柳のほうが降りまわれる立場となっており主人公色が強いです。

無表情で鈍感の九条に対し空回りする柳の様子が面白く10年間も固執し続けたのに友達認定すらされていなかったのか不憫です。しかし何の成果も得られなかったわけではなく家族ぐるみの付き合いになっていたり誕生日に一緒に過ごしたりなど満足そうな柳が可愛いです。

登場人物があまり多くはありませんが中心となっている2人のキャラクターがとにかく好きになれるので2人の掛け合いを見ているだけでも面白いです。恋のライバルも一応登場しますが2人の関係が特殊すぎて入り込む余地がないという印象でした。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

その他

市場クロガネは稼ぎたい(全13巻)

私立・学円園学園。ここは一風変わった教育システムを基としている。それは…学園内で稼いだ“金”が進級・卒業・就職の全てを決める、というもの!このシステムで実社会へ有用な人材を送り出しているのだ。そして今この学園に、1人の少年が降り立った。その男の名は市場クロガネ!財閥御曹司でありながら、自らの力を試しにこの学園へ入学したのだった。働く女のコが盛りだくさんの、学園マネーゲーム開幕!!


クラブサンデーにて連載していた作品で作者は梧桐征木先生です。

自分の力でいくら稼いだかが評価される学校”学円園学園”を舞台に市場クロガネが人の才能を見抜く目を武器に経営をしていく経済漫画です。

他の漫画では見る事の出来ない珍しい設定であり学園内だけで経済を回し、部活という名の会社でのし上がっていくのが特徴的な漫画で自然と経済について詳しくなれるのでおすすめです。

主人公が作った部活は人材派遣の会社でありそれぞれの会社に合った人材を探し出すというもので、業界ごとの仕事の悩みや必要な能力などがピックアップされて面白いです。

登場人物達が学円園の中で自分を磨き成長していく人間ドラマとしての要素も強くシリアスな展開や胸が熱くなる展開も多数あります。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

おやすみプンプン(全13巻)

ある日のこと、プンプンはクラスにやってきた転校生・田中愛子に一目惚れ。彼女から「もうすぐ地球は人の住めない星になる」「別の星に移住しないと人類はメツボーしてしまう」という話を聞いたプンプンは、今日出された「将来の夢」の作文に、「宇宙を研究する人になりたい」と書こうと思い立つ。だが翌朝、プンプンが起きると家の中が大変なことに…?
ビッグコミックスピリッツにて連載していた作品で作者は浅野いにお先生です。

鬱漫画と称させることが多い作品で実際に読んでいて”楽しい”と感じるタイプの漫画ではありません。しかし、プンプンが小学生から大人になるまでの人生が描かれており要所要所で転機がブッこまれてくるため物語の結末が気になって仕方なくなってきます。

特徴的なのが主人公プンプンが姿ひよこのような描かれており、プンプンの精神状態に応じて変化していくところでプンプンという人間がいかに脆く人間味を帯びているのかが伝わってきます。

プンプン以外の人間にも焦点が当てられそれぞれが悩み苦しんでいく様子が描かれていて、考えさせられることが多い作品でした。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

キャッチャー・イン・ザ・トイレット! (全4巻)

中学二年生の黒沢には、絶対人に言えない秘密があった。それは学校の女子トイレで同級生をオカズに自慰にふけること。しかしクラスでイジメに遭っている少女に気づかれてしまい……


伊勢カツラ先生による小説が元で横田卓馬先生によりウェブサイトにて漫画版が公開されました。

学校の旧校舎で自慰行為をするという悪癖がある少年黒沢がいじめ被害者の少女北原に脅迫され復讐の手伝いをする学園青春漫画です。

元は”オナニーマスター黒沢”というふざけたタイトルでありギャグ漫画かと思われますが中学生の悩み、葛藤やいじめといった結構重いテーマを取り扱っている作品で自分のコンプレックスを乗り越えていく姿が印象的でした。

始まりが学校で自慰行為しているのがバレて脅迫されて復讐を手伝うというスタートなのですがまさかここまで深い話に発展していくとは思えないほどよくできています。

全4巻と手に取りやすい作品でありながら内容が一貫しており終わり方もスッキリするものなので是非読んでほしい作品です。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ギャンブルッ!(全11巻)

プロギャンブラーだった父が大勝負に敗れ、行方不明となってから5年後―― 皿洗いのバイトで生計を立てていたマサルは、ある日同級生から助けを求められる。それはチンチロリンで80万円負けてしまった少年から、負け分を取り返してほしいという虫のいい話だったのだが、意外にもマサルはあっさりと承諾。ただし、ある賭けに勝てればという条件付きで…


週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は加賀ミツル先生です。

ギャンブルが合法化された世界で凄腕の小学生マサルが様々な強者達とのギャンブルを制していく作品です。

近年だと賭ケグルイや嘘喰いなどが似たようなジャンルになりますが、この作品では実際に存在するギャンブルが使用されており試合展開や攻略方法なども誰でも理解でき楽しめる内容となっています。

主人公のマサルが小学生らしい表の顔に対してギャンブルの時には凄腕のギャンブラー達ですら気圧される冷徹な面を持ち合わせているギャップが魅力的です。

また、中盤からは最強のギャンブラーを決めるトーナメントが開催されるなどギャンブルが合法化されているからこその王道展開なども見どころとなっています。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ケンガンアシュラ(全27巻)

家庭は崩壊、仕事はできない56歳のダメリーマン、山下一夫(ヤマシタカズオ)が会社の会長から突然呼び出された!弱気なおっさん・山下一夫は、日本経済の「裏」を知る――企業が巨額の利益を賭けて、雇った闘技者の殴り合いでビジネスを決める格闘試合の存在。…その名も「拳願仕合(ケンガンジアイ)」!!!!そして一夫に命じられた任務は――自社の闘技者、暴力を体現したような若者・十鬼蛇王馬(トキタオウマ)の世話係!!!果たして、ダメリーマン・山下一夫の運命は…!!??暴力×企業×人間ドラマ。男たちは「なぜ」闘い、拳で「何」をつかむのか?「究極」の格闘エンターテインメントが今、始まるッ!!!!

マンガワンにて連載していた作品で作者はサンドロビッチ・ヤバ子先生(原作)、だろめおん先生(作画)です。

謎の青年十鬼蛇王馬が拳願会と呼ばれる裏闘技場で行われる拳願絶命トーナメントにて最強を決める戦いに挑む格闘バトル漫画。

すべての試合がダイジェストなしで描かれていて両選手に見せ場があるためどっちが勝ち上がってくるのか全く読めません。一見噛ませにしか見えないような闘技者が実は最強候補だったりと予想外の展開も多いです。

基本的にトーナメントと言えば途中で中断されたりすることも多いですがこの作品では優勝者が決まるまでちゃんと描かれているので安心して読むことができます。

試合が進むにつれて闘技者達がボロボロになっていき満身創痍の状態でも戦いに挑んでいくのがかっこよく、雇い主との絆なんかも見る事ができるのでとにかく熱い漫画となっています。

現在は続編の「ケンガンオメガ」が連載されているので気に入った方はこちらも読んでみてください。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

しおんの王(全8巻)

惨殺された両親のかたわらで、少女は溢れる涙で顔を歪めていた。ただし、声は失ったまま……。言葉を奪われた少女は、やがて12歳の女流棋士として世に出ることになる。未だその姿さえ見えぬ犯人と対決するために……。安岡紫音、将棋の世界で生きる運命を背負った少女と、彼女と同じく将棋の神様に愛された少女たちが、盤上で熱く激しい戦いを繰り広げる!!

アフタヌーンにて連載していた作品で作者はかとりませる先生(原作)、安藤慈郎先生(漫画)です。

両親が惨殺されたことをきっかけに声を失った少女安岡紫音が唯一の手掛かりとして犯人が将棋の関係者であることを知り女流棋士として成長すると共に犯人を捜していく。

将棋漫画でありながら自分の親を殺した犯人を追うミステリー要素も取り入れられており他の将棋漫画とは一風変わった物語となっております。

主人公の紫音が本来は明るい性格でありながら偶に見せる犯人に対しての強い思いが感じ取れて普段とのギャップに心打たれます。

もちろん将棋漫画としても熱くライバル達と競い高めあっていったり自分の師匠との因縁の対局など王道な展開も数多くあります。紫音の棋士としての成長速度が速いという点も大事な要素だったりします。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

社畜と少女の1800日(全13巻)

社畜が少女と暮らしたら…!? 独身リーマン×けなげ女子中学生、ひとつ屋根の下! 休日出社に徹夜、朝帰りが当たり前の激務な職場で働く東根将彦。ある日、彼を訪ねて来たのは高校の同級生の娘だという少女、優里だった。「母親が迎えに来るまで」という約束のもと、同居を始めた二人だが…!? 年の差ゆえのギャップに戸惑いつつ、時に大人の事情を交えて季節をわたる、ふたり暮らしの日常。

週刊漫画TIMESにて連載していた作品で作者は板場広志先生です。

社畜生活を送っていた東根の下にやってきたのは高校時代の同級生の娘である君島優里。そんな2人の奇妙な共同生活を送るホームドラマです。

40を超えたおっさんと完全に他人である女子中学生との共同生活なので世間的に見たら完全に犯罪となるこの状況。そんな中でも絆を深めていき、本来とは違う家族の形を見つけていくこととなります。

2人の生活には数々の問題が発生しますが2人だけではどうしようもならない事態も多く、人望の厚さもありこれまで関わってきた人達の力を借りながら解決していくこととなるのが感動的です。

タイトルの通り1800日(約5年)の日々が描かれているので優里が成長していく様子が丁寧に描かれており立派になっていくのが見れます。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

ヒカルの碁(全23巻)

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者はほったゆみ先生(原作)、小畑健先生(作画)です。

囲碁なんかまったく興味がない小学生進藤ヒカルに囲碁に未練を残した幽霊、藤原佐為が取り憑きヒカルは囲碁の世界に興味を示していく。

言わずと知れた囲碁漫画界のレジェンドで当時世間に与えた影響は凄まじいものでした。

囲碁のルールなんかまったくわからない方でも楽しめるように描かれており、かくいう私もなん10回と読み返していますが、未だに囲碁のルールを理解できていません。

ヒカルが囲碁と出会ってから部活、院生、プロへと成長していくのでボリュームが多いのですがめちゃくちゃテンポが良いのであっさり読めてしまいます。

ヒカルと塔矢のライバル関係が最大の魅力となっており、塔矢がヒカルの中にいる佐為を追いかけヒカルが塔矢を追いかける奇妙なライバル関係により、お互いを高め合っていく存在となっていきます。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

リボーンの棋士(全7巻)

プロ棋士養成機関・奨励会で、四段に上がれないまま26歳になった安住浩一は、年齢制限の掟により退会させられ、プロへの道を閉ざされた。そこからは、人から距離を置かれ、年下からも見下される日々。それでも安住は、明るく笑顔で前向きに振る舞った。嫉妬は、湧いてもそれをかき消した。そうしているうちに、眩いほどのプラスオーラが身についた。将棋を忘れて、この生き方でいいはずだ、とも一時は思った。しかし、人生から将棋を切り離せなかった。アマ棋士としてのリスタートを決意する、安住。その棋風は以前とは違う、まったく新しいものに進化していた。

ビッグコミックスピリッツにて連載していた作品で作者は鍋倉夫先生です。

奨励会を辞めカラオケ屋でバイトをしていた安住がもう一度プロを目指すためアマチュアの世界からの昇格を目指す将棋漫画です。

部活、奨励会、プロの世界を舞台としているものはよく見ますがアマチュアの世界をテーマにしているものは珍しくアマチュアで好成績を残すとプロへの道が開かれるという細い道を追いかけていく作品です。

専門的なルールや細かい戦法などは深く出てこないので将棋を知らない人でも楽しめる作品となっており登場人物達の心情や将棋への向き合い方が中心的です。

全7巻と読みやすく後半こそ駆け足ではありますが将棋に取り憑かれた男達の葛藤や戦いが丁寧に描かれているのが面白く”プロを諦めきれない”という想いが深く伝わってきます。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

まとめ

完結済みの漫画は巻数が長ければいいというわけではなくいかに綺麗に終わっているかや集めやすい巻数をしているかなど評価のポイントも多く個人的には連載中の作品よりも単行本が集めやすいと考えています。

漫画をよく読む方でも”巻数が長い”や”今更読む気にならない”といった理由で触れてこなかった完結済みの名作があると思います。そんな自分自身が取りこぼしてしまった「過去の名作」と呼ばれる作品を読み漁ってみるのもいいかもしれませんね。

今回紹介した漫画の他にも完結済みで面白い漫画は山のようにありますので時間があれば随時追加していこうと思いますのでよろしくお願いします。

興味のある方はこちらから↓

電子書籍最大規模、まんが王国はこちら

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

漫画全巻ドットコムで大人買い

マジで面白い! これから来る作品まで紹介 連載中おすすめ漫画45選
今回はまだアニメ化していない隠れた作品や既に旬が過ぎていたりクライマックスを迎えている作品まで幅広く紹介しているので気になった作品があれば読んでみてほしいです。
これだけは読んでおけ! おすすめバトル漫画23選
漫画と言えばこのジャンル、今回紹介するのは「バトル漫画」です。漫画のすべてが詰まっている王道ジャンルですので是非見ていってください。
これだけは読んでおけ! おすすめギャグ漫画11選
手軽に読めて普通に笑える。そんなギャグ、コメディ色の強い漫画を紹介しています。どれかしら合う作品があるはずです。
これだけは読んでおけ! おすすめラブコメ漫画9選
近頃人気のジャンルとなりつつあります。今回はラブコメまんがのおすすめについてまとめました。
これだけは読んでおけ! おすすめ野球漫画9選
スポーツ漫画って面白いですよね。一試合ごとに盛り上がりがはっきりしていて何回も読み返したくなる魅力があります。今回は野球漫画をピックアップしてみましたのでどうぞ。
これだけは読んでおけ! おすすめサッカー漫画6選
スポーツ漫画って面白いですよね。一試合ごとに盛り上がりがはっきりしていて何回も読み返したくなる魅力があります。今回はサッカー漫画をピックアップしてみましたのでどうぞ。
これだけは読んでおけ! おすすめマイナースポーツ漫画9選
スポーツ漫画シリーズ、今回はマイナースポーツ漫画を取り上げていきます。ルールのわからないスポーツって新しいことが知れそうでワクワクします
これだけは読んでおけ! おすすめサスペンス漫画10選
きっとあなたも話に引き込まれること間違いなし、続きが気になりすぎるジャンルであるサスペンス漫画のおすすめを紹介しています。
これだけは読んでおけ! おすすめ復讐漫画6選
そんなジャンルあるの?と思った方も多いと思いますが、ここ数年で明確に増えてきた気がします。今回はいじめや被害者遺族などが加害者に復讐を行う復讐漫画について紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめサバイバル漫画8選
そんなジャンルあるの?って思った方いると思いますが一応ジャンル欄に「サバイバル」と書いてあることがあるので紹介させていただきます。
これだけは読んでおけ! おすすめ動物漫画6選
今回は人と動物の絆が描かれていたり、読んでいるだけで動物の生態について詳しくなれたりなど他のジャンルでは味わえない面白さがを持つ可愛らしい動物が登場する漫画や動物達が主役の漫画について紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめ囲碁将棋漫画8選
今回はそんな囲碁や将棋を題材にしているおすすめ漫画について紹介していこうと思います。囲碁や将棋の最大の特徴と言えば一切運の要素が介入しない完全実力主義の世界ということにありまぐれ勝ちが存在しないシビアな世界ということにあります。
これだけは読んでおけ! おすすめ麻雀漫画9選
一つハマれば病みつきになる。そんなジャンルがこの麻雀漫画だと思っています。運と知能の戦略ゲームが描かれる作品をたくさん紹介致しますので是非見ていってください。
この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized ジャンル別おすすめ 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました