カイジシリーズの原点 賭博黙示録カイジの面白さ

Uncategorized

今更これについて語る奴おる?と思われる方も多いと思いますが、自分の周りのでも読んだことない人が結構いてめちゃくちゃショックだったので紹介します。

誰もが一度は名前を聞いたことがある作品、ギャンブル漫画の代名詞である超有名漫画カイジ、その始まりのシリーズである賭博黙示録について紹介します。

スポンサーリンク

カイジシリーズについて

ヤングマガジンにて1996年にて連載がスタート。タイトルを変えシリーズは今も連載中の作品です。

作者はギャンブル漫画で有名な福本伸行先生でカイジシリーズはそんな福本作品の中でも最も知名度のある作品であり、アニメ化、ドラマ化を中心にさまざまなコンテンツへ発展しており、誰しもが名前くらいは聞いたことのあるでしょう。

働きもしない典型的なダメ人間、伊藤カイジが極限の状況に立たされ己に秘められた博才を駆使して戦うギャンブル漫画の代表作です。

スポンサーリンク

賭博黙示録のあらすじ

上京したものの定職に就かず自堕落な生活を送っていた伊藤カイジはある日、自宅へと押しかけてきた悪徳金融の遠藤により自分がかつてのバイト仲間であった古畑の連帯保証人になっていたせいで385万円の借金があることを知る。

そんな金額返済できるわけもなかったカイジは遠藤の提案により一晩で返済できるチャンスとして希望の船「エスポワール」で人生を賭けたギャンブルを行うこととなった。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

作中のギャンブル

限定ジャンケン

対戦方式はその名の通りジャンケンです。普通のジャンケンと違うのは参加者たちはそれぞれグー、チョキ、パーのカードが4枚ずつ配られ12枚のカードがなくなると勝負できなくなってしまう手数が限定されたジャンケンであるということです。

シンプルなギャンブルですが、シンプルであるが故の奥深さがあり、福本先生が考えたギャンブルの中でも完成度の高いものと言われています。

人間競馬

その名の通り競走馬が人間であり、高い位置に設置された数本の鉄骨を渡るギャンブルです。

人数に対して鉄骨の数が少ないため後ろから追いかけるものは前のものを突き落とさなければなりません。また鉄骨に手を付けると失格となってしまいます。

落ちどころが悪ければ死もあり得る危険な競技であり、金持ちたちが喜々として金を賭け楽しんでいるのが狂気じみています。

これに関してはもうギャンブルではないですね(笑)

電流鉄骨渡り

基本ルールは先ほどと一緒ですが、違うのはその高さ、二つの高層ビルに掛かっているため落ちれば確実に死です。鉄骨には電流が流れているため手を付けることもできず、正真正銘命がけとなります。

今回は順位という概念がなくクリアした者全員に1000万円が約束されている。

Eカード

一対一で行われるギャンブルで皇帝側と奴隷側に分かれて行われます。皇帝側は皇帝1枚、市民4枚。奴隷側は奴隷1枚、市民4枚のカードで戦います。

それぞれが一枚ずつカードを伏せ同時にオープン。皇帝は市民に勝ち、市民同士は引き分け、市民は奴隷に勝ち、そして奴隷は皇帝に勝ちます。

80パーセントの確立で皇帝が勝つため、奴隷側のレートは5倍となっています。

ティッシュくじ引き

正気?と思われますがガチです。ティッシュ箱の中に入っている当たりの紙を引いたほうが勝ち。ただそれだけです。

カイジが自分で考えたギャンブルで秘策をもって勝負を仕掛けました。

スポンサーリンク

ここが面白い

元祖カイジ

有名なざわざわの擬音、クズ人間だらけの対決、数々の名言などカイジワールドを楽しむことができます。

カイジシリーズの始まりにふさわしく、ギャンブルの内容自体は非常にシンプルで初見でも理解しやすいものとなっています。

シリーズを通してカイジの因縁の相手である帝愛グループとの戦いや帝愛グループの狂った部分も垣間見れるので、この後のシリーズを読むうえで重要な部分となります。

出てくるキャラは本当にクズばかりですぐに人を裏切り、金に目がないなど人間の嫌な部分がこれでもかというほど描かれています。

普通なら嫌悪感とか出てくるのかもしれませんが、そこは福本先生独特のキャラクターなので良い味として捉えることができます。

普段はどうしようもないクズであるカイジですが、極限状態に追い込まれた時の頭の回転が凄まじく思いもよらない方法で逆境に立ち向かうのがかっこいいです。

カイジの人間性

原作開始時点でカイジは正直なかなかのクズ人間で働きもせずにギャンブルばかり、腹いせで人の高級車にイタズラするような奴でした。

物語が進んでも基本的にはこれは変わらず社会からのはみ出しものではありますが、死線を乗り越えていくにつれて己の才能に目覚めていくとこになります。

また、情には厚く簡単に人を切れない一面を見せていきます。お人好しで自分の利益を顧みずに人を救う姿は主人公らしいのかもしれません。

カイジの人生に大きな影響を与えることとなる石田のおっちゃんが出てくるのもこのシリーズでこの人の影響がこの後のシリーズにも関わってくる名シーンなので必見です。

限定ジャンケン編

カイジシリーズ最初のギャンブルである限定ジャンケンはルールこそシンプルであれど非常に戦略性のあるゲームです。

ゲーム性といい攻略方法といいここまで練ったゲームを考えられるのはさすが福本先生としか言えません。

参加者は皆カイジと同じように借金作る底辺な奴らばかりなので、敵キャラはどこか小物感漂わせているのが特徴です。

普通のジャンケンのように運否天賦ではなく、手持ちのカードを考えて使わないと不利になってしまいます。更には電光掲示板にてそれぞれのカードが会場に何枚残っているのか映し出される為、確率や読み合いの要素も強くなってきます。

カードを使い切らないと失格というのも肝で勝利条件を満たしていても勝負しなければならないのが痛いところ。

本来限定ジャンケンでは12枚しかカードを配られていませんが、他人への譲渡が認められていたり、開始前にお金を借りることもできる為、有効的に使うことによりゲームを有利に進めることもできます。

スポンサーリンク

まとめ

実写映画も大成功で映画版は見たことあるという方も多いと思います。しかし、漫画版は映画とは展開が違う部分も多くなど楽しむこともできる為こちらもおすすめです。

カイジはネタ要素も多く、結構必修科目になりつつあるので読んでない方はこれを気にぜひ読んでみてください。

初代の賭博黙示録はそれギャンブルか?といったものも多いのですが、命や自分の人生がかかっているため真剣さが伝わってきます。

次のシリーズである賭博破壊録はこちらで紹介しています。

シリーズ最高傑作!? 賭博破壊録カイジの面白さ
誰もが一度は名前を聞いたことがある作品、ギャンブル漫画の代名詞である超有名漫画カイジシリーズ第二弾。最高傑作とも名高い賭博破壊録について紹介します。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました