戦略性抜群! 賭博堕天録カイジ ワンポーカー編の面白さ

Uncategorized

カイジシリーズ第5弾。

作中では一日の話ですが、連載期間でいえば10年にも及ぶ和也との決着が描かれるシリーズ「賭博堕天録カイジワンポーカー編」について紹介します。

皆さん聞き覚えがあるギャンブル「ポーカー」を使ったゲームでありなおかつさらに簡易化したものなので誰もが楽しめるシリーズと言えます。

スポンサーリンク

カイジシリーズについて

ヤングマガジンにて1996年にて連載がスタート。タイトルを変えシリーズは今も連載中の作品です。

作者はギャンブル漫画で有名な福本伸行先生でカイジシリーズはそんな福本作品の中でも最も知名度のある作品であり、アニメ化、ドラマ化を中心にさまざまなコンテンツへ発展しており、誰しもが名前くらいは聞いたことのあるでしょう。

働きもしない典型的なダメ人間、伊藤カイジが極限の状況に立たされ己に秘められた博才を駆使して戦うギャンブル漫画の代表作です。

スポンサーリンク

ワンポーカー編のあらすじ

「脱出」により死にかけていた2人を約7000万円支払い助けたカイジはチャン、マリオの2人を仲間に迎え入れ和也との決戦の場へと向かう。

舞台となる倉庫へと到着したカイジは和也とのギャンブル「ワンポーカー」のルールを聞き入れ長い夜最後の戦いを始めることとなった。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

ワンポーカーのルール

通常のポーカーと違い手役を作る必要がなくそれぞれが提出したカードの数字が強いほうが勝ちというシンプルなルールとなっています。

手札を2枚持つことができ、そのうち1枚を勝負に出します。そして次のゲーム開始時に1枚追加されます。

自分の手札2枚は相手に2~8をDOWN、9~AをUPと表記され公開されます。

数字の強さは通常のトランプと同じでAが最強となるが、Aは唯一2に負けます。

最低BETが2億という規格外のギャンブルとなっていて、通常のパーカーと同じようにレイズやフォルドが存在します。

スポンサーリンク

ここが面白い

ワンポーカーがシンプル

わかりやすいルールで1勝負自体もサクッとしているギャンブルです。

17歩の時と違いポーカーが元となっているので誰でも理解することができ私たちでも戦略を考えられる楽しみもあります。

個人的にはUP.DOWNのシステムが秀逸だと感じていて自分がDOWN.DOWNの時にどう乗り切るのかや相手の持っているカードの予想が立てやすくなっていたりと戦略性の高いゲームだと思いました。

作中でもこのシステムを利用して相手の裏をかき予想外の一手が出てきたりと盛り上がる要素になっています。

また流れのような運の部分や相手の動揺につけ込むといったこれぞギャンブルといえるルールになっているのが熱かったです。

ベテラン感のあるカイジ

何度も修羅場を潜ってきただけあってギャンブルの経験値が段違いのカイジを見ることができる。

村岡との勝負による勢いを引き継いでいるかのような冴えっぷりは流石カイジと言えます。

カイジのギャンブルの腕に関しては和也も認めており、和也自体はギャンブルに関してレベルが高くなく、格の違いが見られる場面もあります。

ギャンブルだけで食べていけるのでは?と思うほど強くなってきたカイジですが、極限状態にならないと本領が発揮できないみたいですね。

派手に動く大金

最低BET2億でレイズをすれば46億といった金が一瞬で消えていく対決です。

カイジはこれまで大金を得ることこそありましたが大金を持った状態で勝負を始めたことはなかったため新鮮な部分と言えます。

村岡との17歩によってカイジが得た金は約4億。とんでもない大金ですがこのワンポーカーにおいては最低BET2回分にしかならないため背水の陣での戦いです。

じゃあただ大金を賭けた対決なの?と問われればそうではなくいつものカイジらしい命を賭けた戦いにも発展していくのでスリルのある戦いも見られます。

何億という金が動くのにも関わらず1勝負は一瞬で決まってしまう。そういうギャンブルの醍醐味が感じ取れるゲームです。

スポンサーリンク

良くない点

先程ゲーム自体はシンプルで序盤こそサクサクしていましたが終盤の方はカードをセットした後のやり取りで1巻使うこともあるほど引き延ばされます。

2人の真剣さが伝わってくるのですがとにかく長いです。纏まって読める単行本ならある程度解消されているのでまだマシだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ワンポーカー編はある意味一つの区切りとも言えるシリーズで賛否が分かれる作品ではありますが、何度も読み返したくなる面白さがあると思います。

堕天録においてのラスボスと言える存在の和也との最終決戦は予想外の展開へと進んでいきます。

ポーカーという誰でも知っているゲームのおかげで誰が読んでも面白い作品になっていますのでぜひ読んでみてください。

次のシリーズ24億逃走編はこちらから

一切ギャンブル無し!? 賭博堕天録カイジ24億脱出編の面白さ
まさかまさかのギャンブル要素なし。ひたすら逃げ続けるカイジ達の姿を描いたもはやギャグ漫画「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」について紹介します。

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました