これだけは読んでおけ! おすすめギャグ漫画11選

Uncategorized

今回はギャグ漫画編です。

こう言うジャンルの漫画って人による感性の違いが大きすぎて書いていて不安になりますが数打ちゃ当たる戦法でいきますので皆さんのツボに入る作品を探してみてください。

というわけで笑えるギャグ漫画を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

まったく最近の探偵ときたら(連載中)

世間を騒がす難事件を即解決! その名は名探偵・名雲桂一郎!! だったのは10年以上も昔の話……。名雲はいまや、ただの渋いおっさんになってしまった……。時代に取り残され、スマホすら扱えない彼のもとに、若さあふれる女子高生・真白が助手希望で押しかけてきて――!?

電撃マオウにて連載中の作品で作者は五十嵐正邦先生です。

かつては名探偵として名を馳せた南雲桂一郎と謎のハイスペックガールの助手、真白と共に様々な依頼をこなしていく。

タイトルに探偵と銘打っていますが謎解きの要素はほぼ無く、「おっさん」となってしまった元名探偵南雲が年と戦いながら依頼をこなしていきます。元名探偵の南雲に対して現役の人気高校生探偵のアスナロが登場するためいかに南雲が年を取ったのかがわかりやすく、現代人との世代の違いが面白いです。

THEギャグマンガであり爆発、火事などもギャグ補正で乗り切るレベル。登場人物のほとんどがボケに回ったりツッコミに回ったりするのでキャラクターごとの意外な一面も見れるのがポイントです。

各話安定した面白さがあるので読んでいて飽きないです。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 期待感☆☆☆
  • 総合☆☆☆
スポンサーリンク

斉木楠雄の災難(全26巻)

彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近!?
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は麻生周一先生です。

生まれながらにして超能力者である斉木楠雄が平凡でありたいと願いつつも個性あふれるクラスメイト達に巻き込まれ、苦労する日常を描く。

これまでのギャグ漫画と一風変わり、主人公が一切喋らず心の中でツッコミ続ける異色の漫画で斉木以外のキャラクターがほとんどボケに回っています。

超能力を持ってしても行動が読めない奴や、厨二病重症患者、世界一可愛いのを自覚している美少女など様々なキャラがおり、何故か斉木のもとに集まってきます。斉木が興味ないと言いながらもクラスメイト達になんだかんだで友達の意識が芽生えていくがほっこりします。

斉木が持つ超能力の数々が完全に便利というわけではなく何かしら欠点を持っており、トラブルの元になることもあるのが特徴的です。強大な力にはデメリットがあるという世の中そう甘くはないというのもテーマになっているようです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆
スポンサーリンク

ぼくのわたしの勇者学(全6巻)

私立ホーリーランス学園に現れた勇者・鋼野剣。転校生かと思いきや教師として赴任してきた彼は、生徒達を勇者にするために勇者学を教えると宣言。勇者とは思えない行動を繰り返す鋼野の授業が今、始まる!!
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は麻生周一先生です。

自称勇者の主人公鋼野剣が高校教師として就任し、生徒達に謎の科目「勇者学」を教えていくとんでもない設定です。

斉木楠雄でおなじみ麻生先生の初連載作で扱いとしては打ち切り漫画に当たりますが、ギャグ漫画ということもあり、全6巻なのが読みやすくちょうどいい感じとなっています。内容は王道のギャグ漫画といった感じで麻生先生のギャグセンスが光っていました。

準主人公の河野盾が周りに振り回されまくり常識人ぶっていますが、たまに訪れる盾のヤバさが目立つ回が特に面白い印象。この時だけは他のメンバーがツッコミを行うのも個人的には好きです。

スキンヘッドのヤンキーギロチンのまさゆきがキャラクターとして完成度が高く、常にかわいそうな目にあっているのがセンスを感じました。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆
スポンサーリンク

ぐらんぶる(連載中)

海沿いの街で一人暮らしを始めた北原伊織は衝撃の大学デビューを果たす。出会ったのは美女とダイビング、そして愛すべき野郎ども! 

good!アフタヌーンにて連載中の作品で作者は井上堅二先生(原作)、吉岡公威先生(作画)です。

大学入学を機に叔父が経営するダイビングショップに住み込むこととなった北原伊織がダイビングサークルに強制入部させられながらも無茶苦茶なサークルの雰囲気に染まっていきます。

一応ダイビング漫画と銘打っていますが内容はバカ騒ぎする大学生達の日常がほとんどで、酒飲んで裸になるがお決まりの展開。しかもキャラクターのほとんどに常識の概念が無くぶっ飛んでいるためナチュラルなヤバさが面白いです。

登場人物が増えていくにつれてキャラごとの役割がはっきりしていくので新しいキャラが出てくるとどういうキャラなのか気になってしまいます。

通常回とのギャップもあり、たまに行われるダイビング描写は綺麗でダイビングにハマっていく伊織達を見て1度くらい経験してみたいと感じました。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 期待感☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆
スポンサーリンク

太蔵もて王サーガ(全8巻)

異世界「間界」の王子・太臓が、人間が住む「実界」にやって来た! その目的は太臓ハーレムランド建設!? 「赤い悪魔」と呼ばれる不良・阿久津宏海を巻き込んで、もて王を目指す太臓の「愛」のGAG物語が始まる!!
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は大亜門先生です。

変な見た目をしている魔界の王子百手太蔵が人間界に嫁を探しにし、無茶苦茶な行動をとりまくります。

この漫画は明確に進めたい人がいるのですが、「2005年付近のジャンプ作品を知っている人」か「ジョジョが好きな人」。この条件に当てはまる人は絶対ハマります。

というのもこの漫画、ギャグ内容のほとんどがジャンプのパロディネタで構成されていて、中でも作者がジョジョが大好きなせいで盛り込まれまくっています。その度合いはすさまじくジョジョパロ専用にキャラクターが作られているほどです。

ですので逆に言えばどちらも分からない方は置いてけぼりになってしまう可能性がありますのでご注意を。

物語の中心となる私立ドキドキ学園にはモテ四天王という制度が存在していたり、恋愛に関するイベントが頻繁に行われるなどギャグ漫画らしいぶっ飛び方をしている学校なので基本的にやりたい放題な内容となっています。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆
  • 総合☆☆
スポンサーリンク

ボボボーボボーボボ(全28巻)

西暦300X年、全世界を支配する皇帝は、国民全てをボーズにすべく「毛狩り」を開始! そんな世に一人の男が現れた! その名もボボボーボ・ボーボボ! 究極の拳法「鼻毛真拳」を使う彼こそ、救世主だといいな!?
週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者は沢井啓夫先生です。

鼻毛真拳伝承者ボボボーボ・ボーボボが個性豊かな仲間達と共に毛刈り隊と戦っていく物語です。

言わずと知れたギャグバトル漫画であり、全く理解不能ながらもスピーディなハイテンションバトルは他の漫画では見たことがない唯一無二の存在ともいえます。

ユニークすぎる設定やキャラクターそしてあの有名なボーボボだけの人気投票などからもギャグセンスの高さは信頼できるもので、現代でもたまに話題になったりするほど一定のファンがついている作品です。

この漫画の凄い点は1巻に対してのボリュームが凄まじく、倍くらいの内容があるように感じるため、シリーズごとの敵を倒すまでに平均1〜2巻くらいしかかからないテンポの良さが魅力と言えます。

ギャグ部分だけでなくバトル内容も秀逸でかつての敵が仲間になったり、仲間と融合するボーボボフュージョンなど熱い展開も盛り沢山なのも人気の秘訣です。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆
スポンサーリンク

篠崎さん気をオタしかに!(全9巻)

オタク嫌いで、プライドの高い篠崎秋菜は、高校入学早々、おたふく風邪で一週間休んでしまい、友達作りのキッカケを逃してしまう。このままでは“ぼっち”になってしまうとアセる秋菜。隣の席のオタク女子・佐々村楓が、メガネを取ると可愛いと知った秋菜は、楓と友達になろうと画策するが……。オタク嫌いがオタクに染まっていく女子高生・青春空回りコメディ!
COMIC メテオにて連載していた作品で作者は氷川翔先生です。

高校入学時に風邪をひき友達づくりのスタートの出遅れた篠崎秋菜が、クラスの陰キャオタクである佐々村楓が美少女であることに気づき、友達になり真人間に戻そうとする物語です。

オタクが大嫌いなため楓をリア充の世界に戻そうとする秋菜ですが気づけば接点のために得たオタク知識からそっちの世界に入り込み抜け出せなくなります。

中学時代のリア充友達と高校でのオタク友達の間で世界が違いすぎて周りの会話についていくため孤軍奮闘でアニメやゲームの勉強をする姿が面白いです。

基本的に女子高生たちのオタクライフを描いていて、コミケや同人誌といったものやパロディ作品なども多数登場するのでオタク文化に触れたことある人ならあるあるに感じる部分も多いです。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆
スポンサーリンク

あそびあそばせ(連載中)

圧倒的画力で描かれる美少女とシュールギャグに、笑わずにはいられない!!ギャグ漫画の最先端を行く「美少女×お遊戯」コメディ!
ヤングアニマルにて連載している作品で作者は涼川りん先生です。
本田華子、オリヴィア、野村香純が3人は様々な遊びを体験する「遊び人研究会」という部活を立ち上げその日常を描いた作品です。

かわいい女子高生三人の日常が描かれますが、内容はぶっ飛んでいて顔芸やリアクション芸などイメージから離れすぎており、「表紙詐欺」とまで言われます。

話のほとんどは遊び人研究会の3人が中心であり一応いろいろな遊びが登場しますが、大抵誰かがひどい目にあって終わります。

友達関係ではあるのですが3人とも結構腹黒いところがあり、急に裏切ったりするのが面白く、それぞれの役割がはっきりしているのが特徴的でした。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆☆
  • 期待感☆☆☆
  • 総合☆☆☆
スポンサーリンク

アホガール(全12巻)

空前絶後のアホの子、います。――週刊少年マガジンで連載が始まると圧倒的な反響を得たアホの子漫画! アホすぎる女子高生・よしこの日常は、とにもかくにもアホすぎて、幼なじみのあっくんも思わずグーで殴るレベル!? 
週刊少年マガジンにて連載していた作品で作者はヒロユキ先生です。

とんでもないアホの子花畑よしこが幼馴染の阿久津明をはじめ、いろいろな人たちに迷惑をかけまくるコメディです。

途中までは4コマ形式でしたが、雑誌移籍後は普通の漫画となっています。

主人公のよしこがとにかくアホでそのアホさはマークシート形式のテストで0点をとったり足し算も怪しいレベルで親からも将来を心配されています。

登場人物全員どこかしら頭のねじが外れているためよしこ以外がボケに回る時が特に面白い印象で、ぱっと見常識人が壊れていくことが多いです。

キャラクターがとにかくかわいく物語が進むにつれて最初はモブみたいなキャラクターにスポットが当たっていくのがいいです。線が多くなくはっきりとした絵をしていて、画風もかわいい感じなのでとにかく読みやすいです。

  • ストーリー☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆
スポンサーリンク

マンガ家さんとアシスタントさんと(全10巻+1巻)

マンガ家の愛徒勇気と、アシスタントの足須沙穂都さんとの、平々凡々な日常生活をゆるりと描く、爆笑マンガ家ライフコメディー第1巻!
ヤングガンガンにて連載していた作品で作者はヒロユキ先生です。

主人公で漫画家の愛徒勇気とそのアシスタント足須沙穂都を中心に漫画家の日常を描くコメディです。

上記のアホガールと同じ作者で内容も非常に似ているため、作者の色がよく出ている作品です。

主人公の愛徒は人気漫画家というわけではなく、アンケート順位があまりよくない漫画「はじらってカフェラッテ」というパンツしか取り柄がないとまで言われる漫画を描いています。

愛徒がスケベな性格をしていて頭もおかしいのですが何故か憎めない愛嬌のあるキャラなので見ていて楽しくなります。漫画家がテーマの作品にも関わらずほとんど生かされないほど自由な作風となっており、突拍子もない展開が多いです。

ブラニャーというブラジャーをかぶった猫を飼っているのですがめちゃくちゃかわいく、人間並みの知能を持っていて愛徒の漫画を手伝ったりしているのが面白いです。

愛徒の周りにはかわいい女の子が多く、ラブコメの要素も強めなので好きな方にはお勧めです。

  • ストーリー☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆
スポンサーリンク

湯神君には友達がいない(全16巻)

転校生・綿貫ちひろの隣の席の湯神くんは、ちょっと…というか、すごく変わってます。野球部のエースでありながら、野球部に溶け込んでないし、クラスでもなんとな~く浮いた存在…そんな湯神くんは、いつだって一人を満喫しています。新感覚お一人様コメディー開幕です!!
週刊少年サンデーにて連載していた作品で作者は佐倉準先生です。

友人関係に悩み続ける転校生綿貫ちひろと学校1の変わり者で友達を必要としない湯神裕二の日常を描く。

空気を読みたいちひろと空気を読まない湯神君との対比が描かれていて、マイペースの湯神君に振り回されながらもなんだかんだで共生できているのが奇妙で面白いです。友達と言えるほど仲良くはないですが、全く干渉しないわけではない微妙な距離感が特徴的でした。

空気を読んで自分を出せないちひろの姿は今の日本人なら当てはまるところも多く、湯神くんの的を得た発言にグサっとくるところがあるので常に続きが気になってしまう魅力があります。

日常系でありながら結構長期的な事件が次々起こり2巻とか使って話が展開されることもあります。大体湯神君のせいなんですが本人が気づいてすらおらず、知らないうちに解決することも多々あるのが面白いです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆
スポンサーリンク

まとめ

ギャグ漫画の魅力って1話完結が多いため、どこから読んでも面白いことだと思います。

一括りにギャグといってもハイテンションなものや細かい笑いを入れてくるもの、ほかのジャンルと融合しているものもあり様々ですね。

これからも新しい作品を追記していこうと思います。

興味のある方はこちらから↓

電子書籍最大規模、まんが王国はこちら

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

漫画全巻ドットコムで大人買い

マジで面白い!隠れた名作まで紹介 完結済みおすすめ漫画60選
漫画には連載中と完結済みの作品がありますが現在連載中の作品と違い完結済みの作品は今から評価がブレることはなく、面白さに間違いがありません。今回はそんな完結済みに特化しておすすめの作品を紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめバトル漫画23選
漫画と言えばこのジャンル、今回紹介するのは「バトル漫画」です。漫画のすべてが詰まっている王道ジャンルですので是非見ていってください。
これだけは読んでおけ! おすすめ野球漫画9選
スポーツ漫画って面白いですよね。一試合ごとに盛り上がりがはっきりしていて何回も読み返したくなる魅力があります。今回は野球漫画をピックアップしてみましたのでどうぞ。
これだけは読んでおけ! おすすめサッカー漫画6選
スポーツ漫画って面白いですよね。一試合ごとに盛り上がりがはっきりしていて何回も読み返したくなる魅力があります。今回はサッカー漫画をピックアップしてみましたのでどうぞ。
これだけは読んでおけ! おすすめマイナースポーツ漫画9選
スポーツ漫画シリーズ、今回はマイナースポーツ漫画を取り上げていきます。ルールのわからないスポーツって新しいことが知れそうでワクワクします
これだけは読んでおけ! おすすめサスペンス漫画10選
きっとあなたも話に引き込まれること間違いなし、続きが気になりすぎるジャンルであるサスペンス漫画のおすすめを紹介しています。
これだけは読んでおけ! おすすめ復讐漫画6選
そんなジャンルあるの?と思った方も多いと思いますが、ここ数年で明確に増えてきた気がします。今回はいじめや被害者遺族などが加害者に復讐を行う復讐漫画について紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめラブコメ漫画9選
近頃人気のジャンルとなりつつあります。今回はラブコメまんがのおすすめについてまとめました。
これだけは読んでおけ! おすすめ動物漫画6選
今回は人と動物の絆が描かれていたり、読んでいるだけで動物の生態について詳しくなれたりなど他のジャンルでは味わえない面白さがを持つ可愛らしい動物が登場する漫画や動物達が主役の漫画について紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめ囲碁将棋漫画8選
今回はそんな囲碁や将棋を題材にしているおすすめ漫画について紹介していこうと思います。囲碁や将棋の最大の特徴と言えば一切運の要素が介入しない完全実力主義の世界ということにありまぐれ勝ちが存在しないシビアな世界ということにあります。
これだけは読んでおけ! おすすめ麻雀漫画9選
一つハマれば病みつきになる。そんなジャンルがこの麻雀漫画だと思っています。運と知能の戦略ゲームが描かれる作品をたくさん紹介致しますので是非見ていってください。
この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized ジャンル別おすすめ 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました