これだけは読んでおけ! おすすめ囲碁将棋漫画8選

Uncategorized

皆さんは囲碁や将棋といった頭を使ったゲームは好きですか?

囲碁や将棋の最大の特徴と言えば一切運の要素が介入しない完全実力主義の世界ということにありまぐれ勝ちが存在しないシビアな戦いです。

そんな囲碁将棋の漫画ですが意外とルールが分からなくても楽しめる作品が多く作品ごとに作者ならではの工夫が施されているはずです。実際に私も将棋は一応指せる程度、囲碁に至っては全くルールを理解していないにも関わらず読んでいる側の人間です。

今回はそんな囲碁や将棋を題材にしているおすすめ漫画について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

リボーンの棋士(全7巻)

プロ棋士養成機関・奨励会で、四段に上がれないまま26歳になった安住浩一は、年齢制限の掟により退会させられ、プロへの道を閉ざされた。そこからは、人から距離を置かれ、年下からも見下される日々。それでも安住は、明るく笑顔で前向きに振る舞った。嫉妬は、湧いてもそれをかき消した。そうしているうちに、眩いほどのプラスオーラが身についた。将棋を忘れて、この生き方でいいはずだ、とも一時は思った。しかし、人生から将棋を切り離せなかった。アマ棋士としてのリスタートを決意する、安住。その棋風は以前とは違う、まったく新しいものに進化していた。

ビッグコミックスピリッツにて連載していた作品で作者は鍋倉夫先生です。

奨励会を辞めカラオケ屋でバイトをしていた安住がもう一度プロを目指すためアマチュアの世界からの昇格を目指す将棋漫画です。

部活、奨励会、プロの世界を舞台としているものはよく見ますがアマチュアの世界をテーマにしているものは珍しくアマチュアで好成績を残すとプロへの道が開かれるという細い道を追いかけていく作品です。

専門的なルールや細かい戦法などは深く出てこないので将棋を知らない人でも楽しめる作品となっており登場人物達の心情や将棋への向き合い方が中心的です。

全7巻と読みやすく後半こそ駆け足ではありますが将棋に取り憑かれた男達の葛藤や戦いが丁寧に描かれているのが面白く”プロを諦めきれない”という想いが深く伝わってきます。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

永世乙女の戦い方(連載中)

華麗で獰猛な美しき乙女たちの戦い!81マスの盤上で激しく戦う乙女達!高校2年生の早乙女 香が目指すのは、将棋界の遥か高み。彼女の前には、美しくも獰猛な乙女達が立ちふさがる。なによりも熱く、そして冷徹な戦いが今始まる!

ビッグコミックスペリオールにて連載している作品で作者はくずしろ先生、香川愛生女流二段(監修)です。

高校生でありながら女流棋士である早乙女香が女流7冠の絶対王者天野香織への挑戦を目標に頂点まで駆け上がっていく将棋漫画です。

女流棋士である香川先生が監修を務めており奨励会と女流の違いが事細かに描かれていて決して女流を贔屓しない客観的な評価が作中に取り入れられています。私はこの漫画を読むまで女流棋士が正確にはプロではないということは知りませんでした。

香の目標はあくまでも天野香織と戦うことであり将棋がすべてというよりかは天野香織がすべてと言えるほど狂気じみた執着を見せ、登場人物のほとんどがいくつもの顔を持っており対局中と日常生活でのギャップが凄まじいです。

肝心の対局内容も初心者から経験者まで幅広く楽しめるものとなっているので万人受けする作品なのではないでしょうか?

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 期待感☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

月下の棋士(全33巻)

第51期名人戦、名人・大原巌と挑戦者・滝川幸治が熱海で第7局を戦っている時、東京・将棋会館に氷室将介という青年が現れる。プロ棋士になりたいという将介が手にしていたのは、伝説の棋士・御神三吉の推薦状だった。その推薦状を見たプロ棋士・虎丸は二段の坂東と将介を戦わせる。

ビッグコミックスピリッツにて連載していた作品で作者は能條純一先生です。

伝説の棋士と呼ばれた御神三吉の弟子である氷室将介が名人になるためにプロ棋士としての道を歩み始め現名人である滝川幸次との戦いまで駆け上る将棋漫画です。

主人公の氷室は初手端歩という変わった戦術を用いたり、物語開始時点でトップ棋士に負けずとも劣らない実力を有しており格下相手には舐めた戦術を取るなど破天荒な主人公ではありますが将棋への愛は本物であり強者との戦いを楽しむタイプとなっています。

現実ではありえない描写も多くあり対局中に人が死んでしまうような命を懸けて対局を行う棋士も登場します。自分の命よりも勝利を取ろうとする覚悟があるほど将棋への愛が深い人物ばかりで引き込まれるキャラクターも多いです。

また、肝心の対局シーンも実際の棋譜を基にしているなどクオリティの高い戦いとなっています。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

3月のライオン(連載中)

その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も──。この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。その少年の職業は──やさしさ溢れるラブストーリー。

ヤングアニマルにて連載している作品で作者は羽海野チカ先生です。

家族を失った主人公の桐山零が15歳にしてプロ棋士として生活をしていくとともに様々な人との関わりによって人間味を取り戻していく物語です。

将棋だけでなく人間ドラマとしての面も強く羽海野先生の前作が少女漫画だったということもあり丁寧な心情の描写や人間としての成長などが描かれています。

主人公の零だけでなく登場人物それぞれにドラマがあり自分一人ではなく周りの力を借り解決していくので人間の温かさに触れることができます。

話の進みが遅いのが難点ですが引き伸ばしというわけではなくしっかりと濃密な内容が維持されているのでボリュームがある作品を読みたい人におすすめです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 期待感☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

しおんの王(全8巻)

惨殺された両親のかたわらで、少女は溢れる涙で顔を歪めていた。ただし、声は失ったまま……。言葉を奪われた少女は、やがて12歳の女流棋士として世に出ることになる。未だその姿さえ見えぬ犯人と対決するために……。安岡紫音、将棋の世界で生きる運命を背負った少女と、彼女と同じく将棋の神様に愛された少女たちが、盤上で熱く激しい戦いを繰り広げる!!

アフタヌーンにて連載していた作品で作者はかとりませる先生(原作)、安藤慈郎先生(漫画)です。

両親が惨殺されたことをきっかけに声を失った少女安岡紫音が唯一の手掛かりとして犯人が将棋の関係者であることを知り女流棋士として成長すると共に犯人を捜していく。

将棋漫画でありながら自分の親を殺した犯人を追うミステリー要素も取り入れられており他の将棋漫画とは一風変わった物語となっております。

主人公の紫音が本来は明るい性格でありながら偶に見せる犯人に対しての強い思いが感じ取れて普段とのギャップに心打たれます。

もちろん将棋漫画としても熱くライバル達と競い高めあっていったり自分の師匠との因縁の対局など王道な展開も数多くあります。紫音の棋士としての成長速度が速いという点も大事な要素だったりします。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

ハチワンダイバー(全35巻)

表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった! テンション無限大! 81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!

ヤングジャンプにて連載していた作品で作者は柴田ヨクサル先生です。

元奨励会員の青年菅田健太郎が秋葉原の凄腕勝負師「アキバの受け師」に敗北したことをきっかけにお金を賭けて将棋を指す”真剣師”としての道を歩み始める将棋漫画です。

通常の将棋漫画が”プロ”の世界を描いているのに対しこの作品では”真剣師”と言われる裏将棋の世界が描かれておりプロではないながらも同格以上の対局を繰り広げられます。

ギャグか?と思うほどの超展開が起きたり対局中のイメージが大げさだったりしますが対局内容自体はしっかりしており将棋に詳しい人、そこまで詳しくない人両方が楽しめる作品となっています。

主人公の菅田が最初のほうは勝負師としてはパッとしない腕前でしたが自身の持ち味である盤面を深くまで読む能力”ダイブ”を武器に裏将棋界での序列をを上げていく熱い展開が面白いです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

ヒカルの碁(全23巻)

ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。

週刊少年ジャンプにて連載していた作品で作者はほったゆみ先生(原作)、小畑健先生(作画)です。

囲碁なんかまったく興味がない小学生進藤ヒカルに囲碁に未練を残した幽霊、藤原佐為が取り憑きヒカルは囲碁の世界に興味を示していく。

言わずと知れた囲碁漫画界のレジェンドで当時世間に与えた影響は凄まじいものでした。

囲碁のルールなんかまったくわからない方でも楽しめるように描かれており、かくいう私もなん10回と読み返していますが、未だに囲碁のルールを理解できていません。

ヒカルが囲碁と出会ってから部活、院生、プロへと成長していくのでボリュームが多いのですがめちゃくちゃテンポが良いのであっさり読めてしまいます。

ヒカルと塔矢のライバル関係が最大の魅力となっており、塔矢がヒカルの中にいる佐為を追いかけヒカルが塔矢を追いかける奇妙なライバル関係により、お互いを高め合っていく存在となっていきます。

  • ストーリー☆☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

 

スポンサーリンク

星空のカラス(全8巻)

烏丸和歌は囲碁が大好きな13歳! プロ棋士だった祖父から碁を教わり、年齢も性別も関係なく人とつながれる楽しさを知る。そんなある日、若手天才棋士の鷺坂総司に出会い、身も魂も削る対局に感銘を受けた和歌は自分もプロ棋士になる事を決意する!

花とゆめにて連載していた作品で作者はモリエサトシ先生です。

囲碁が大好きな少女烏丸和歌がプロ棋士である鷺坂総司との出会いをきっかけにプロの世界を目指し駆けあがっていく囲碁漫画です。

少女漫画史上初の囲碁漫画に当たるようで少女漫画らしい恋愛要素や丁寧な心理描写に加え、スポ根のような熱い対決が織り交ぜられているのが特徴的です。

囲碁を題材にしてはいますが囲碁のルールが分からない方でも楽しめるようにできており細かいルールのようなものはほとんど出てきません。

”自分の大切な人が倒れたとしても対局に向かうのか”というのがテーマとなっており囲碁に対しての向き合い方についてそれぞれの解答が出てくるのが面白いです。

  • ストーリー☆☆☆☆
  • 画力☆☆☆
  • キャラクター☆☆☆
  • 終わり方☆☆☆☆
  • 総合☆☆☆☆

こちらから試し読みできます【ebookjapan】

スポンサーリンク

まとめ

今回は体を一切動かさないにも関わらずスポーツのような熱さがある囲碁、将棋をテーマにした漫画を紹介しました。

囲碁や将棋の漫画は舞台のほとんどがプロもしくはプロ育成機関であるため自分の人生のすべてを懸け勝負に挑んでいる様子が描かれることが多く、その必死さはまさに鬼気迫る勢いといえ真剣勝負の結末に見入ってしまいます。

他にも対局の熱さだけでなく人間ドラマとしての要素も多くキャラクターごとに棋士としての執念や覚悟なども深く描かれている点にも注目です。

こういった作品をあまり読んだことない方でも楽しめる作品ばかりですので興味のある方は是非読んでみてください。

マジで面白い!隠れた名作まで紹介 完結済みおすすめ漫画60選
漫画には連載中と完結済みの作品がありますが現在連載中の作品と違い完結済みの作品は今から評価がブレることはなく、面白さに間違いがありません。今回はそんな完結済みに特化しておすすめの作品を紹介していこうと思います。
マジで面白い! これから来る作品まで紹介 連載中おすすめ漫画45選
今回はまだアニメ化していない隠れた作品や既に旬が過ぎていたりクライマックスを迎えている作品まで幅広く紹介しているので気になった作品があれば読んでみてほしいです。
これだけは読んでおけ! おすすめバトル漫画23選
漫画と言えばこのジャンル、今回紹介するのは「バトル漫画」です。漫画のすべてが詰まっている王道ジャンルですので是非見ていってください。
これだけは読んでおけ! おすすめギャグ漫画11選
手軽に読めて普通に笑える。そんなギャグ、コメディ色の強い漫画を紹介しています。どれかしら合う作品があるはずです。
これだけは読んでおけ! おすすめラブコメ漫画9選
近頃人気のジャンルとなりつつあります。今回はラブコメまんがのおすすめについてまとめました。
これだけは読んでおけ! おすすめ野球漫画9選
スポーツ漫画って面白いですよね。一試合ごとに盛り上がりがはっきりしていて何回も読み返したくなる魅力があります。今回は野球漫画をピックアップしてみましたのでどうぞ。
これだけは読んでおけ! おすすめサッカー漫画6選
スポーツ漫画って面白いですよね。一試合ごとに盛り上がりがはっきりしていて何回も読み返したくなる魅力があります。今回はサッカー漫画をピックアップしてみましたのでどうぞ。
これだけは読んでおけ! おすすめマイナースポーツ漫画9選
スポーツ漫画シリーズ、今回はマイナースポーツ漫画を取り上げていきます。ルールのわからないスポーツって新しいことが知れそうでワクワクします
これだけは読んでおけ! おすすめサスペンス漫画10選
きっとあなたも話に引き込まれること間違いなし、続きが気になりすぎるジャンルであるサスペンス漫画のおすすめを紹介しています。
これだけは読んでおけ! おすすめ動物漫画6選
今回は人と動物の絆が描かれていたり、読んでいるだけで動物の生態について詳しくなれたりなど他のジャンルでは味わえない面白さがを持つ可愛らしい動物が登場する漫画や動物達が主役の漫画について紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめサバイバル漫画8選
そんなジャンルあるの?って思った方いると思いますが一応ジャンル欄に「サバイバル」と書いてあることがあるので紹介させていただきます。
これだけは読んでおけ! おすすめ復讐漫画6選
そんなジャンルあるの?と思った方も多いと思いますが、ここ数年で明確に増えてきた気がします。今回はいじめや被害者遺族などが加害者に復讐を行う復讐漫画について紹介していこうと思います。
これだけは読んでおけ! おすすめ麻雀漫画9選
一つハマれば病みつきになる。そんなジャンルがこの麻雀漫画だと思っています。運と知能の戦略ゲームが描かれる作品をたくさん紹介致しますので是非見ていってください。
この記事を書いた人
この記事を書いた人
しょうぬん

しょうぬんと申します。4桁を超える漫画作品を読んできた私が漫画を中心にたまにアニメやゲームのおすすめを紹介させていただいています。
他のサイトでは紹介されたいないマイナー気味な漫画なども知っているのでぜひご贔屓に。

しょうぬんをフォローする
Uncategorized ジャンル別おすすめ 漫画
スポンサーリンク
しょうぬんをフォローする




しょうぬんのアゲマブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました